3つ以上で15%オフ|アマゾンの「定期おトク便」でお得に買う

日用品、消耗品はより安く買うのは鉄則です。我が家もティッシュペーパー、トイレットペーパー、洗剤などは地元のお店で底値を探して買っています。しかし愛用している商品が地元にない場合や高い場合は通販を頼ります。その通販でより安い価格で手に入れる1つの手段として、Amazonの「定期おトク便」サービスをご紹介します。

スポンサーリンク

アマゾンの「定期おトク便」

「定期おトク便」とは、自分が選んだ商品をお得な価格で、自分で決めた期日に定期的に届けてもらうサービスです。

Amazon定期おトク便トップページでご確認下さい(Amazonに移動します)

特徴

Amazonでは様々な商品を売っていますが、それらの中には「定期購入」できる商品や製品があります。その「定期購入」対象商品は、最大10%オフ価格となっており、通常価格より安くなっています。しかし定期購入商品の数が3つ以上ある場合は、そこに「おまとめ割引」の5%も加わって、15%オフになるのです。

今月私が定期おトク便を利用して購入した商品の価格変化をご覧下さい。

  1. ダニクリン(詰め替え用):610円→518円
  2. ウコンの錠剤:1,073円→912円
  3. オレンジクリーナー:6,062円→5,153円

赤字の価格が、今回支払った15%オフ価格です。どうでしょう?我が家で長年使っているウエキのオレンジクリーナーなんて相当安くなっています。

ダニクリンとオレンジクリーナーはかなりのお気に入り商品で、更に良い商品と出会わない限り、ずっと買う予定の商品です。もし興味があれば当該記事をどうぞ。

UYEKI(ウエキ)のスーパーオレンジは家中カバー出来る万能洗剤

https://www.select-japan.com/japan/UYEKI-super-orange.html

赤い発疹や痒みにお悩みならUYEKI(ウエキ)の防ダニ仕上げ剤「ダニクリン」

赤い発疹や痒みにお悩みならUYEKI(ウエキ)の防ダニ仕上げ剤「ダニクリン」
薄着で眠るようになると赤い発疹が出ていたのですが、その原因はダニだったようです。「ダニクリン」でシーツ類を洗うようになったら症状が無くなりました。

毎月買うか、数ヶ月おきに買うものがあるのなら、Amazonの「定期おトク便」を利用しない手はありません。

利用方法

Amazonの「定期おトク便」の利用方法は簡単です。

Amazon定期おトク便の対象商品から必要な商品を選び、「定期おトク便」にチェックしてカートに入れて注文するだけです。

「通常の注文」と違う点は、「定期おトク便」で注文をする際に「発送間隔」を選ぶことです。注文している物によりますが、アマゾンがすすめる間隔が提示されるようになっています(1ヶ月おきとか3ヶ月おきという風に)

しかし思っていたより商品が減らないことや足りなくなることもあるでしょう。そんな時は、アマゾンのアカウントサービスメニューから「ご利用中の定期おトク便の変更・停止」を選び、調整することも注文をキャンセルすることも可能です。

アマゾンのページの右上にある自分のアカウントにカーソルを持って行くとメニューの中に出ています。

Amazon 定期おトク便 変更 停止 アカウントサービス

ちなみに我が家で利用中の商品の注文間隔は、「ダニクリン」と「ウコン錠剤」が2ヶ月おき、「オレンジクリーナー」は6ヶ月おきになっています。

注意点

ただし、このサービスを利用するには大きな注意点があります。

  • 商品価格は常に変動しているので、いつも同じ価格で買えるわけではない
  • 定期便の確認メールを見落とすと、まだある商品が届いてしまう

Amazonを利用している人ならお分かりだと思いますが、商品価格は常に変動しています。安い時と高い時があり、定期便の確認メールの届いた時点での価格チェックは必須です。

私はこれで失敗したことがあります。それは2ヶ月おきに届くようにしていた食器洗い洗剤が前回注文時より2倍の価格になっており、大損したのです。地元の薬局での価格よりも高く払ってしまい、非常にショックを受けました。

そして失敗ではないのですが、まだ残っている商品が届いてしまい貯まってしまったこともあります。安い価格なら許容できますが、もしも高い価格での買いだめになったら失敗です。よって注文商品のストックを確認することも重要です。

なので、Amazonの「定期おトク便」を利用している方は、毎月事前に届く確認メールを必ずチェックして、価格を注文しましょう。もしも商品価格が高騰していたら、商品購入を停止するか翌月以降に延期しましょう。そして商品が余っていても延期するようにしましょう。

Amazon定期おトク便を見に行く

最後にひとこと

定期購入の対象商品は、洗剤やティッシュ類などの日用品や消耗品だけの印象が強いと思いますが、ミネラルウォーターやお酒類もあります。重かったりかさばったりする物を定期おトク便で注文すると良いでしょう。ただし価格チェックは忘れずに。

スポンサーリンク
暮らしのヒント
スポンサーリンク
優をフォローする
Select Japan Closet