中国製、韓国製を買わないために日常の買い物で注意するべき買い物リストはこちら

発がん性物質ベンゼン混入|P&G「パンテーン」などのヘアケア商品をリコール

パンテーン P&G リコール ミラクルズボリュームドライシャンプー アメリカ製 リコール 自主回収リコール情報
スポンサーリンク

P&Gが販売しているドライシャンプーやヘアケアスプレーなど30種類以上の商品で発がん性物質であるベンゼンが含まれる可能性があるとしてリコールになりました。日本国内でもアメリカで製造された「パンテーン」の「ミラクルズボリュームドライシャンプー」が流通していたため、リコールになっています。すぐに使用を中止して、返金してもらいましょう。

スポンサーリンク

P&G販売のスプレーなどにベンゼン混入の恐れ

まずはソースをどうぞ。

ヘアケアスプレーに発がん性物質混入の恐れ、P&Gがリコール

ニューヨーク(CNN Business) 米日用品大手プロクター・アンド・ギャンブル(P&G)は、ドライシャンプーやドライコンディショナーなどヘアケアスプレー30種類以上のリコールを発表した。発がん性物質のベンゼンが含まれる可能性があると警告している。

17日の発表によると、リコール対象には「パンテーン」「ハーバル・エッセンス」「ヘア・フード」「オールド・スパイス」「オージー」などのスプレー製品が含まれる。P&Gのリコールはこの1カ月で2度目。同社のウェブサイトに対象となる全製品のコード番号が掲載されている。

P&Gは、たとえリコール対象の製品を使ったとしても、健康問題を引き起こすほど高い濃度のベンゼンにさらされる可能性は低いと説明。健康問題などは報告されていないとしながらも、慎重を期すための措置としてリコールに踏み切ったとしている。

リコール通知では「吸入、経口、皮膚を通してベンゼンにさらされれば、結果として白血病や骨髄の血液がんを含むがんにかかったり、命を脅かしかねない血液障害を引き起こしたりする可能性がある」と指摘。小売店に対してはリコール対象製品の販売中止を要請した。

対象製品は全米の小売店やオンラインで販売されており、P&Gは購入した人に対して破棄を呼びかけている。代金は全額返金する方針。

今回のリコールについては、米食品医薬品局(FDA)も連絡を受けていることを明らかにした。

同じシリーズでもリコール対象とならない製品もあり、そうした製品は使い続けることができるとしている。

P&Gは11月にもデオドラントスプレーなどのリコールを発表していた。米ジョンソン・エンド・ジョンソン(J&J)も今年7月、スプレー式の日焼け止め「ニュートロジーナ」などに少量のベンゼンが検出されたとしてリコールを行っている。

CNN:2021.12.21 Tue posted at 12:30 JST

https://www.cnn.co.jp/business/35181160.html

アメリカで製造されたものがリコール対象です。仮に使ったとしても健康問題を引き起こすほどではない・・・と言われても使い続けたいとは思わないですね。

それにベンゼンが含まれている可能性があるというのに「破棄しろ」と呼びかけるのはいかがなものか。ダメじゃないの??アメリカさんは対応が大雑把ですね。

あと何気に気になったのが、J&Jのニュートロジーナからもベンゼンが検出されていたこと。しっかりして欲しいですね。

P&Gジャパンの対応

アメリカでのリコールを受けて、日本のP&Gも対応しています。詳しいことは製品の自主回収に関するお詫びとお知らせ のページ(P&Gへ移動します)を確認してください。

リコール対象商品はアメリカ製

まず重ねて記載しておきますが、今回リコールとなっているのはアメリカで製造されたものです。日本製ではありません。よって、日本では、国内販売していたアメリカ製の「パンテーン ミラクルズボリュームスプレー」がリコールとなっています。

製品の自主回収に関するお詫びとお知らせ

P&Gジャパン(本社:神戸市)は、米国で製造され、日本で販売しているパンテーンのエア ゾール式スプレー缶の1製品において、慎重を期すための措置として、日本での自主回収を 行うことを決定いたしました。

社内調査により、米国で製造されたパンテーンの一部のエアゾール式スプレー缶製品か ら、成分として配合していないベンゼンが検出されました。これは、エアゾール式スプレー缶 から中身成分を噴射するために配合されている噴射剤に起因したものであることがわかりまし た。日本で販売されているパンテーンのエアゾール式スプレー缶の1製品「パンテーン ミラクルズ ボリューム ドライシャンプー」が、同じく米国で製造されていたことを受け、慎重を期すた めの措置として、日本での自主回収を行います。なお米国で検出された少量の値のベンゼン に日常的に接するなどしても、健康被害が発生する恐れはないと考えております。

お客様や販売店様には多大なるご心配とご迷惑をおかけし、深くお詫び申し上げます。 お客様からの当該製品返品等につきましては、弊社お客様相談室にて真摯に対応いたしま す。このたびの自主回収の対象となる製造番号と返品方法は以下の通りです。

https://assets.ctfassets.net/ugm1tr5brd4w/763b6TC454Cmr386vg4eLP/37878f1bc87dba5a6b2a197873ff05dd/211218_NewsRelease.pdf

ベンゼン混入の原因

P&Gジャパンの説明では、ベンゼンが検出された原因は商品の原材料ではなく、中身を噴射するために配合されている「噴射剤」に起因していると記載されていました。

これって他のメーカーも調べたら出てくるのでは?と思えたのですが。大丈夫なのでしょうか。少し不安です。

対象商品

日本のP&Gが取り扱っていたのは「パンテーン」の「ミラクルズボリュームドライシャンプー」です。(参考画像をスクリーンショットで撮ってきました。)

このシャンプーの底にある製造番号を確認して、当該製品か確認してください。

パンテーン P&G リコール ミラクルズボリュームドライシャンプー アメリカ製 リコール 自主回収

製品名:エアゾール式スプレー缶「パンテーン ミラクルズ ボリューム ドライシャンプー」 (販売名:パンテーン プロブイ ミラクルズ ボリューム DS)

製造番号 (製品缶底に記載):
9322144504 / 9323144504 / 0043144504 / 0148144504 /0149144504 ※製品外箱には異なる番号が記載されていますのでご注意ください。

回収対象数量:189,165 本

※上記以外のパンテーン製品には問題ございません。

https://assets.ctfassets.net/ugm1tr5brd4w/763b6TC454Cmr386vg4eLP/37878f1bc87dba5a6b2a197873ff05dd/211218_NewsRelease.pdf

返金対応

P&Gの対応は返金です。当該商品がある人はP&Gの専用webフォームから連絡をしましょう。製品を送り返したら、QUOカードで返金されます。

当該製品の対象となる製造番号をご確認の上、こちらの専用 Web フォームにご入力ください。

専用 Web フォーム URL:

https://pgconsumersupport.secure.force.com/ContactUs/CF?brand=%E3%83%91%E3 %83%B3%E3%83%86%E3%83%BC%E3%83%B3&c=jp&lang=ja
※専用 Web フォームは、24 時間受け付けております。 ※お客様の個人情報は、本件の対応目的以外には使用いたしません。

専用 Web フォームに必要事項を入力いただきますと、お手元の製品の返送用材を郵便にて お送りいたします。製品を弊社で確認後、3~4 週間中に製品代金相当分の QUO カード(1 個につき 1,500 円分) をお送りいたします。

https://assets.ctfassets.net/ugm1tr5brd4w/763b6TC454Cmr386vg4eLP/37878f1bc87dba5a6b2a197873ff05dd/211218_NewsRelease.pdf

問い合わせ先電話番号もpdfファイルのページに記載されているので、移動して確認してください。

ベンゼンとは

そもそも「ベンゼン」とは一体どういう物質で、どういうことに使うのか?それを知っておきましょう。手元の電子辞書によるとベンゼンとは「最も基本的な芳香族炭化水素。特有の芳香を持つ無色の揮発性液体で、コールタールの分留などから得られる。化学工業製品の基礎材料や燃料・溶剤として重要。ベンゾール」とありました。

職業病の原因物質

かつて日本では、ベンゼンが接着剤や塗料として使われていることから、白血病などの造血障害を起こして死亡する事例が発生したこともあり、現在はベンゼンよりも毒性の低いトルエンなどの有機溶剤が使用されるようになっています。

電子辞書にはベンゼン中毒という項目もありました。それによると「ベンゼンによる中毒。蒸気の吸収によることが多く、急性中毒ではめまい、頭痛、震顫(しんせん)、嘔吐、呼吸困難、意識障害などを呈する。治療は人工呼吸、酸素吸入など。再生不良性貧血、出血などをきたす。接着剤、塗料、などに関する職業病として重要で、治療は輸血、造血剤投与など。」とありました。

決して甘くみてはいけない化学溶剤ですね。

海外ドラマ「ER」S4 ep15「緊急脱出」

海外ドラマの中で、医療系ではダントツのクオリティを保ち、現在でもファンの多い「ER」でもベンゼン中毒は取り上げられました。

化学薬品工場からの患者を受け入れた際、対応したキャロルが意識を失って痙攣をおこし嘔吐するというシーンがあり、かなりのインパクトがある回でした。どれだけ怖い物質かわかるエピソードです。

最後にひとこと

ベンゼンは発がん性物質だとはっきりわかっている成分です。たとえ健康被害のない量であっても、商品に含まれないようメーカーには注意をして欲しい。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
リコール情報
スポンサーリンク
優をフォローする
スポンサーリンク
Select Japan Closet
タイトルとURLをコピーしました