クリーニング代を節約したいなら宅配クリーニングをお試しあれ

ようやくダウンコートも使わないで済むようになりましたし、スプリングコートともお別れの時期になりました。というわけでクリーニングです。でもクリーニング代高いのよね、という方にオススメしたいサービスがフランス屋の宅配クリーニングです。

スポンサーリンク

お気に入りのクリーニング店が居なくなった!

洋服をクリーニングに出すのはお金が掛かります。しかし自宅対応出来ない革製品や洋服、レーヨン素材のものは出すしかありません。なので私は、技術や接客に間違いのないお店として気に入っている「フランス屋」さんを利用していました。
しかし地元から消えてしまったのです。そのショックたるや筆舌に尽くしがたいものでした。

フランス屋を支持する理由

他にも色々なクリーニング店はあります。そして殆どが問題のないお店が多いでしょう。しかしフランス屋さんは私の心をつかみました。それは「コート染み格闘事件」があったからです。

取れていないシミを何度もクリーニングしてくれた(追加料金無し)

もう何年前になるか判りませんがクリーニングが出来上がった日、私が取りに行くと店員さんから手渡し拒否をされたのです。店員さんが手渡し前に商品チェックをしていると「あらっ?シミが落ちてないですね。もう一度やりますね。」と自発的に申し出てくれたのです。まさかの「受け渡し拒否」に私はびっくりしました(笑)

しかもその後、ぱっと見て判らなくなるまで数回やり直しをしてくれました。勿論追加料金は無しでした。
それをきっかけに、私はフランス屋さんにメロメロになりました。
元々、基本的に染み抜き料金無料で、店員さんの応対も丁寧で、一枚一枚「ほつれ」や「破れ」も細部までじっくりチェックして確認してくれる姿に好感を抱いていた私ですから心を奪われるのは当然でした。本当に素晴らしいと思います。

とは言え、フランス屋さんは基本的に安くありません。なので浮気をしたこともあります。しかし浮気して酷い目に遭いました。それが「ワンピース死亡事件」です。一度しか着ていないワンピースを別のお店に出し、見事に縮んで帰ってきました。伸ばせないかとアイロンを駆使しましたがどうやっても駄目で、結局処分することになりとても悲しかったです。
以降、心を入れ替え?てフランス屋一筋になったのです。あ、でも節約もしたいので手洗いで仕上げる事も増えました。現在のお気に入りのお洒落着洗い洗剤はサンスターのドライアップ。良かったらレビューがありますのでお読み下さい。

クリーニング代を節約するために、ドライ製品を洗えるサンスター「ドライアップ」を購入し、実際に洗ってみました。汚れ落ちが良くてリピート決定です。

近くのフランス屋さん探しで宅配サービス発見

すっかりフランス屋びいきになった私。もう他のクリーニング屋さんを利用する気はありません。居なくなった後も追いかけようと近隣店舗を探しましたが遠くにしかなくて断念。しかし探した事でフランス屋さんの「宅配クリーニング」なるものを発見できたのです。
フランス屋の宅配クリーニングのサービス料金は、商品数で決まるパック料金になっていました。ぶっちゃけ今までのことを考えると発狂したくなるほどの差になります。どれほどの差があったかちょっと計算しました。

レディースジャケットの場合
現在のレディースジャケットクリーニングの価格は670円
そして15点パック料金を数で割ると一着465円
既に205円の差が出ています。今まで出した数を考えると泣けてきます。

コートの場合
コートの値段は1,430円。
パック料金であれば最安465円ですからなんと965円もの差で、私が声無き悲鳴を上げたのは言うまでもありません。
四人家族で2着ずつ出した場合、1430円×8着=11,440円です。
あまりの差に発狂しそうです。差額4,460円。かなりショックでした(涙)

ただし、宅配クリーニングは毛皮や着物、毛布やカーペットなど特殊なもの以外になります。
そして組み合わせによってはマイナスにもなるのでご注意下さい。例えばカッターは230円からですが、カッターだけ15点出すと明らかに損です。ってカッターを宅配に出す方は少ないかな?いやでも忙しい人は出すのかな。損得関係なく自宅で受け取りたい人は迷わずご利用下さいませ。

フランス屋さんで宅配クリーニングする手順

最初は少しだけ時間がかかります。というのも、洋服を送るための袋「宅配キット」を貰う必要があるからです。
でも一度クリーニングを利用すると商品と宅配キットが同封されて届くので、次の注文の際には取りに来て欲しい日時を指定するだけになります。

私の説明よりフランス屋さんのページに行った方が判りやすいかもしれませんので、すぐにフランス屋さんを覗きにいかれてもいいかも。

フランス屋利用チャート

フランス屋利用チャート

まず希望のコースを選んでカートに入れます。そして支払い方法を決めて注文しましょう。支払いは代金引換かクレジットカードで出来ます。
ちなみにこのスクリーンショットは現在の価格なので、注文される時には値段にご注意下さいね。

フランス屋2014/5現在のお値段

ご覧のように宅配では5点パック、10点パック、15点パックというプランがあります。出す衣類が少ない方は5点パックを選ぶと良いでしょう。でもやはり多く出した方がお得なので親戚などに声かけして出すのが良いのではないでしょうか。ちなみに15点以上になる場合は一点あたり540円の追加金額になります。

申し込み書類と袋のセット

商品に同封されてきた宅配キット

そして衣類は宅配キットに入っている青い袋と内袋のビニール袋に入れて、結束バンドで封印して送ります。

フランス屋宅配用アイテム

フランス屋宅配用アイテム

ヒヤリングシートには何点出すか、宅配希望日や連絡先、衣類についての注意事項や希望を記入します。衣類にはUV撥水加工や汗取り加工なども希望できるようになっています。頼みたい時には「黒のジャケット:UV撥水希望」という風に書いておくと良いです。私はズボンなどはUV撥水希望にしています。梅雨時など非常に助かりますよ。何かあったらフランス屋さんから電話連絡してくれます。私は一度「ボタンのところの生地がいたんでます」と連絡きちゃいました(笑)連絡されるのが恥ずかしい、嫌な方はヒヤリングシートで自己申告しておくと良いかも。

ヒヤリングシート

ヒヤリングシート

もう一つ書類があります。こっちはどのプランを選ぶかチェックをいれるものです。

どのプランにするかチェックを入れる

どのプランにするかチェックを入れる

衣類、書類を詰め、あとは希望した引き取り日にヤマト運輸さんが来るのを待つだけ。

フランス屋荷造り完了の図

フランス屋荷造り完了の図

そして、無事にクリーニング完了して届いた荷物です。コート5着、ダウン4着を含んでいたので特大の段ボールで届きました。

衣類がフランス屋から帰ってきました

衣類が帰ってきました

何気ない事ですがドライバーさんへの注意喚起も嬉しいです。

大切な衣類なので大切に扱ってね♪

大切な衣類なので大切に扱ってね♪

そして開けたらお客様へも注意喚起が。早く出さないとカビますよ、と。

早く出しましょう

衣類は早く出しましょう。

ちなみに先日申し込んだ際の取引終了までは6日間でした。サイトに記載されている通りですね。
4/24日に注文して4/26に引き取りにきて貰い、4/27に荷物がフランス屋さんに到着し、5/1にフランス屋さんが荷物を発送して、荷物が帰って来たのは5/2でした。
フランス屋さんからは「荷物届いたよ」「荷物送ったよ、ヤマト運輸の番号これだよ」と細かく連絡メールが届くのでこれもまた安心感があります。ちょっとした事ですが連絡を欠かさないのは消費者にとっては安心材料です。

フランス屋を進める理由

おすすめする理由をまとめました。

自宅から動かなくていい
かさばるダウンやコートを持って行く事も持って帰らなくてもいいのが幸せ。
一枚当たりの単価が安い
通常出すととんでもない値段になりますが、選んだパック次第で最低金額1点あたり465円(単純点数割り計算)になる。
染み抜き無料できっちり対応
仕事が丁寧。衣類に問題があればちゃんと連絡してくれます。
連絡がしっかりしている
「到着」「送付」は勿論ですが、ヤマト運輸の荷物番号付き。

注意点

一枚当たり最低533円まで下げられますが、ものによっては損をすることがあります。

例えば、私の地元のクリーニング店ではスカートやブラウスが300円代から400円代です。多少の技術の差はあるでしょうし、地元のお店も素晴らしい仕上がりかもしれません。

その点だけお気をつけ下さい。

最後にひとこと

クリーニング代を節約したい方、荷物を運びたく無い方で、フランス屋のサービス対象地域にお住まいの方は是非一度お試し下さい。初めて利用される方は1点無料で多く仕上げてくれますよ♪

ここまでお読みいただき、ありがとうございました。

スポンサーリンク

新しい記事を公開するとツイートしています。

フォローする

関連するかもしれない記事