1万円以下の洗える日本製肌掛け布団|汚れ落ちの良い特殊な中綿がポイント

夏日もちらほら。羽布団とのお別れが近付いています。というわけで、日本製の肌掛け布団を探していたら良さげなものを一つ発見。まだ買うか決めてませんが紹介。

エムール ウルトラウォッシュ 掛けふとん 肌掛け布団 日本製 made in japan

スポンサーリンク

布団内部の微粒子まで洗える日本製の掛け布団

まずはソースをどうぞ。

布団内部の微粒子まで洗い流せる「ウルトラウォッシュ 掛け布団」が新登場

眠りと暮らしをサポートする株式会社エムール(所在地:東京都立川市、代表取締役:高橋 幸司)は、形状記憶繊維を重ねた特殊わたを使用した、日本製の洗える布団「ウルトラウォッシュ 掛け布団」を4 月20 日より販売いたしました。

これまでの「洗える布団」は、洗濯すると中わたの“綿切れ“や“綿寄り”などが発生して、ダニの死骸や花粉などの微粒子が中わたに絡まり、洗っても外に流れ出にくい構造でした。このウルトラウォッシュ掛け布団は、“ウルトラウォッシュファイバー(特許申請中)”という形状記憶繊維でできた特殊わたを使用し、洗濯しても形状が安定するように加工しました。そのため、中わたに微粒子が絡まりにくく、また、洗濯した際に汚れが外に流れ落ちやすい構造になっています。

後略

布団内部の微粒子まで洗い流せる「ウルトラウォッシュ 掛け布団」が新登場
株式会社エムールのプレスリリース(2018年4月27日 10時)。眠りと暮らしをサポートする株式会社エムール(所在地:東京都立川市、代表取締役:高橋 幸司)は、形状記憶繊維を重ねた特殊わたを使用した、日本製の洗える布団「ウルトラウォッシュ 掛け布団」を4 月20 日より販売いたしました。

ウルトラウォッシュ 掛け布団

洗える布団は今までにもありましたが、今回見つけたこの布団はかなりの進歩を遂げています。その特徴は大きく4つありました。

  1. ウルトラウォッシュファイバーという形状記憶繊維の特殊な綿を使用
  2. ダニを通さない生地
  3. 30回の洗浄にも耐えた強い耐久性
  4. 形状記憶のあるウルトラウォッシュファイバーが空気をよく含み、乾きが早い

ウルトラウォッシュファイバーは、特許中の特殊な綿です。形状記憶のある綿で洗っても切れたりダマになりにくく、中に入り込んだホコリが洗い流しやすくなっています。この機能が結果的に中綿内部の空気を保ち、乾きやすさを生んでいます。

嬉しい1万円以下という価格帯

ウルトラウォッシュファイバーを使った商品は、肌掛け布団と通常の布団がありますが、どちらも比較的手に取りやすい価格設定です。

商品は、シングル、セミダブル、ダブル、クイーンがラインナップされています。お値段は肌掛け布団が5,990円から8,990円、掛け布団は6,990円から9,990円で、1万円以下となっており、手に取りやすい価格だと思います。

最後にひとこと

まだ夜や明け方は寒いので羽毛布団は手放せないですが、候補の一つになりました。