日本製ヘアアイロン「ラクルリン ジャパンプロ」|自動回転で簡単綺麗な巻き髪

髪の毛をカールする人でヘアアイロンをお探しの方が嬉しいかもしれない日本製のヘアアイロンの情報がありました。私もたまにカールするのでご紹介します。

ラクルリン ジャパンプロ ヘアアイロン カーラー カール 巻き髪 日本製 made in japan

スポンサーリンク

日本製のヘアアイロン

まずはソースをどうぞ。

クリップが自動回転するヘアアイロン「ラクルリン」の最新モデル「ラクルリン ジャパンプロ」日本製となり新発売。4月1日より全国のビックカメラで発売開始

株式会社プレム(本社:福岡市中央区天神、代表取締役:戸次 香織)は、クリップ部分の自動回転で素早く簡単に巻き髪が作れるヘアアイロン、ラクルリンジャパンプロを新発売致します。

■製品情報
ラクルリンシリーズは、株式会社テレビ西日本が制作している情報番組「ももち浜ストア」内のコーナーで共同開発を行った、クリップが自動回転するヘアアイロンです。番組放送後に3,500本が即完売だった人気商品が日本製となりリニューアル。40℃~200℃まで幅広い温度調整が可能で、1本で何種類ものカールが作れます。ケラチン・トルマリン・セラミックのトリプルコーティングで髪へのダメージを最小限に抑えます。毎日忙しいけど自分磨きも怠りたくない!という女性のために、時短でキレイになれる便利なアイテムを作りたいという代表の思いから生まれたヘアアイロンです。

■クリップの自動回転で簡単に艶カールが可能
最大の特徴はクリップの自動回転。グリップが左右に自動で回転し”髪を挟んでボタンを押すだけ”という手軽さと、毛束を中間から巻く仕組みで均等に熱が入り、不器用な人でもたった5分でプロが巻いたような艶のあるカールに。アイロンを顔に近づけずに巻けるため火傷の心配も少なくて安心です。

後略

PR TIMES:2018年3月20日 16時30分

クリップが自動回転・・・・・どういう仕組み???

ヘアアイロン「ラクルリン」

今回初めてこの商品を知ったので、ちょっと調べました。

ヘアアイロンと言えば、髪の毛を挟み込んで自分でくるくると回転させて巻き髪を作る製品です。しかしこの「ラクルリン」は髪の毛を挟んだら、その部分が自動で回転して髪の毛を巻いてくれるようになっていました。回転する方向は、ボタンに「L」「R」があるので、自分が回転させたい方向に回るようです。

私もヘアアイロンを持っていましたが、使いこなせずに親戚の女の子に譲った口で、不器用です。ラクルリンならひょっとして使いこなせるかも?

詳しい事を知りたい方は「ラクルリン ジャパン」のサイトへどうぞ。

ヘアアイロンのデメリット

使っていたころに感じていたのは、やはり毛先が傷むことです。でもそれは高温で髪の毛を巻くのだから当然のこと。とは言え、綺麗な巻き髪にしたいから必死に巻いたものの上手に巻けず、その上毛先が傷んでくるわけですから、結局ヘアアイロンを手放したのは仕方がなかったとも思います。

他のデメリットとしてよく言われているのが、高温なので火傷することがあることや意外とカールが長持ちしないことです。ロングヘアの私は火傷したことがないので、恐らくショートヘアの方が特に扱いが難しいのかもしれません。

ただ、カールが長持ちしないのは同意です。でも私はゆるーくカールしたい、カールしてるのでカールがとれてきたくらいが好きです。でもゴージャスにくるくるしたい人は不満でしょうね。

ヘアアイロン「ラクルリン ジャパンプロ」

「ラクルリン」の基礎知識とヘアアイロンのデメリットを勉強したところで、来月発売される「ラクルリン ジャパンプロ」の特徴を挙げていきます。

日本製

「ラクルリン ジャパンプロ」という名称から判りますが、日本製です。しかし以前の「ラクルリン プレミアム」という古いバージョンの製品は、韓国製だったようです。(通販サイトの情報に記載がありました)

思うに韓国製では売れ行きが伸びなかったのではないでしょうか。少なくとも私は絶対に買いません。それは爆発したら怖いからです。

韓国製の製品は爆発するイメージなのです。実際、サムスンのスマホも燃えて大問題になって、飛行機への持ち込みが禁止されていました。

危うく飛行機で爆発、サムスンのスマホがまた燃えた、今度は「Galaxy S3」―中国江蘇省

韓国・サムスン電子は1月に「Galaxy Note7」の爆発の原因を「バッテリー自体の欠陥」と発表したが、事態は収束しておらず、今月4日には別機種の爆発事故が報告された。

「Galaxy Note7」の爆発事故発生後、同機種のみならず「Galaxy J」や「Galaxy J5」といった機種の爆発も報告された。

中国メディアによると、4日に爆発が確認された機種はサムスンの「Galaxy S3」で、台湾から江蘇省南京市に仕事で来ていた男性が所有していた物だった。男性は当日午前に飛行機で南京市についたばかりで、夜に友人と食事をしていた際にバッグの中に入っていたS3が突然爆発し煙があがったという。スマホは本体が黒く焼き焦げていた。

男性は「飛行機の機内で発火したらと考えると恐ろしい」と語っており、メーカーに検査を依頼し賠償を求めると語った。(翻訳・編集/内山)

レコードチャイナ:2017年3月7日(火) 10時30分

こういう事案が続いていることや、反日が過ぎる韓国にうんざりした人も多いようで、サムスンのスマホは日本国内では売れ行きが低迷しています。しかし最近は「サムスン」のロゴを消して、判らないようにして売るようになっており、知らずに買っている人が多いようです。メーカー名を聞いても頑に答えない販売員も居るという噂もありますから、メーカー名を答えない場合は買わない方が良いでしょう。

特許出願中の自動回転

「ラクルリン ジャパンプロ」の一番の特徴は、髪の毛を挟む部分が自動回転することです。

普通のヘアアイロンで巻き髪をしようとすると、まず毛先を挟み、そこから自分でくるくる巻きます。でもその巻き方によっては仕上がりの善し悪しがあり、私のような不器用な人だと綺麗に巻けたところと汚くなったところが混在します。

でもこの「ラクルリン ジャパンプロ」は自動回転なので、心配?するのは巻く方向だけです。巻き方の心配はありません。

40度の低温から200度の高温

髪の毛を高温で熱したら傷むのは当然です。しかしこの「ラクルリン ジャパンプロ」は40度設定があり、髪の毛への負担を極力低くできます。

温度が低いとカールの掛かり具合が心配ですが、どうなのでしょうか?こればっかりは使う人の髪の具合、質に左右されるでしょうね。

でも低い温度で髪を巻けるのは個人的に良い特徴だと思いました。

髪に優しい材質

直接髪が触れる部分には「ケラチン」「セラミック」「トルマリン」が使われており、髪への摩擦を低減させることで、より髪が傷みにくいようになっています。

中間巻き

「中間巻き」という言葉が「ラクルリン ジャパンプロ」のサイトにありました。

「中間巻き」とは、美容師さんの巻き方で、巻きたい髪の毛の束の中央部に挟み、毛先に向かって回転させて巻く方法です。確かに美容院で巻いている光景を思い出すと真ん中を挟んでから回転させている記憶があります。

でも素人は毛先を挟み、回転させて巻きます。この巻き方だと毛先に熱が入りますから、やはり傷みます。とは言え、美容師さんのように上手に真ん中から巻くのは難しい。

しかしこの「ラクルリン ジャパン」は髪の毛の真ん中で挟んだ後、回転させたい方向のボタン「L」「R」を押せば、上手に巻けるようです(使った事がないので伝聞です)

みんなの口コミ

販売元の説明やPR TIMESの説明を読むとかなり良さそうな印象です。とは言え、実際に使ってみないと判らないものです。なのでざっと口コミを調べてみました。

良い口コミ

美容関係の人のサロンの仕上がりに近いという評価、不器用でも出来た、難しい後ろ髪も自動で巻いてもらえて楽だった、など肯定的な感想がありました。

悪い口コミ

「いい感じで使っていたのに半年で動かなくなったため、交換してもらったものの、しばらくしたらまた動かなくなった。やはり韓国製だからか」という内容の口コミがありました。

「韓国製だから」という証明をせずに「韓国製だったからでしょ」とは断言できません。でもそうなんだろうなと思っちゃいました。

いくら安く製造できても長持ちせず返品交換が相次げば、メーカーは大損です。この件もあって日本製に切り替えたのかな・・・?と思いました。あくまでも想像ですが。

最後にひとこと

日本製だし、髪の毛も傷まないということですから、是非使ってみたい。でも正直お高い。お財布に余裕があったら、購入してレビューを公開出来たらいいな・・・。