中国製、韓国製を買わないために日常の買い物で注意するべき買い物リストはこちら

500gで348円|業務スーパーの国産鶏肉使用お徳用チキンナゲット試食

業務スーパー 冷凍 国内産鶏使用 お徳用チキンナゲット 国産 冷凍食品 インスタント・冷凍食品
スポンサーリンク

業務スーパーのクノールカップスープを買った時、冷凍食品コーナーで「国産鶏」を使用し「国内製造」しているチキンナゲットがあったので買いました。安いしもうこれでいいと思う。

スポンサーリンク

業務スーパーの国産

業務スーパーは商売をやっていなくても個人でも買えます。様々な食料品があり、ハズレもありますが、あたりもあるので上手に活用するのがポイントです。

ちなみに私が絶対進めないのは「豆腐」です。以前買って湯豆腐にしたらお鍋の中で消えて行きました・・・。今は変わっているかもしれないけど、すすめません。

逆にお勧めしたいのが「国産鶏」を使用した「チキンカツ」です。大きさのばらつきもあり、添加物も使われていますが、忙しい時や急なお客さんにはこれで十分です。

あと朝食にクノールのカップスープを飲んでいる人は業務用のクノールおすすめ。

チキンナゲットとは

wikipediaによると、そんな「チキンナゲット」はアメリカのウィスコンシン州のJ・J・K・ブース氏(1788年〜1853年)が考案したという説があります。しかし作り方は鶏のミンチなどに小麦粉などを混ぜて、小麦粉やパン粉などの衣を付けて揚げたものなので、それよりも前からあったとしても不思議ではない食べ物です。

今では当たり前にあるそんな「チキンナゲット」ですが、日本で大々的に知られるようになったのは、1984年から発売されたマクドナルドの「チキンマックナゲット」がきっかけと言って良いでしょう。その後、日本ハムや伊藤ハムなどがチルド食品として販売し始め、今ではおやつの定番になっています。

私も小学生の頃にマクドナルドで美味しく食べて、家でも食べられるようになったことを喜んでいた記憶があります。

国産鶏肉使用の冷凍チキンナゲット

というわけで、クノールカップスープと一緒に買ってきた冷凍の「国産鶏肉使用お徳用チキンナゲット」500g入りのもので348円でした。比較のために丸大のチキンナゲット280g入り(246円)も買ってきました。

業務スーパー 冷凍 国内産鶏使用 お徳用チキンナゲット 国産 冷凍食品

ではまず業務スーパーの冷凍チキンナゲットの詳細から。カロリーは100gあたり213kacl、たんぱく質12.2g、脂質11.4g、炭水化物15.4g、食塩相当量1.8gです。1個21gで計算すると44.73カロリーですね。3個食べたら134kclですね。

業務スーパー 冷凍 国内産鶏使用 お徳用チキンナゲット 国産 冷凍食品

続いて丸大のチキンナゲットの詳細。100gあたり255kcal、たんぱく質は11.7g、脂質は14.2g、炭水化物は20.2g、食塩相当量は1.8gです。1個測ったら18gなので、単純計算すると、1個で45.9kaclです。3個食べたら137kcalですね。

丸大 チキンナゲット カロリー

チキンの産地ですが、パッケージに記載がないので丸大サイトで調べたら「日本、タイ、ブラジル、他」とありました。・・・中国産混ざってるのかな。ちょっと嫌な感じ。これがあるからすべての産地を公開すればいいのにと思うのですが。

比較

取り出しました。見た目は業務のが平べったい。

業務スーパー 冷凍 国内産鶏使用 お徳用チキンナゲット 国産 冷凍食品

厚みは丸大のチキンナゲットの方がありました。

業務スーパー 冷凍 国内産鶏使用 お徳用チキンナゲット 国産 冷凍食品

作り方

業務スーパーの冷凍チキンナゲットは、5個の調理を想定してあります。

電子レンジだと500Wで2分、フライにする場合は17度で3分、オーブントースターなら960Wで8分加熱とありました。なぜ960Wなんだろう。ちょっと不親切。

業務スーパー 冷凍 国内産鶏使用 お徳用チキンナゲット 国産 冷凍食品

丸大のチキンナゲットは3個と6個を想定にした説明が記載されています。

オーブントースターの場合、3個なら800W〜1100Wで2分30秒、電子レンジはラップなしで500Wで30秒。油で揚げるときは170度で2分。

丸大 チキンナゲット

食べてみた感想

どんな違いがあるのか比較するために両方調理しました。左が業務スーパー、右が丸大です。5つずつ用意したのですが、母が一個ずつつまみぐいしちゃいました。

業務スーパー 冷凍 国内産鶏使用 お徳用チキンナゲット 国産 冷凍食品

まず断面。業務スーパーのが身がしまっているようです。丸大のは隙間があります。でもこれは冷凍とチルドの違いかも。

業務スーパー 国産鶏使用のチキンナゲット

食べてみたところ、丸大の方が柔らかくて甘みがありました。業務スーパーは見た目通りに身がしまっていて、弱い甘み。

個人的に業務スーパーの方が好み。甘いおかずを好まないせいかもしれません。でもやわらかすぎるのも好きではないこともあって、2つ目を食べてもやっぱり業務スーパーの方がいいと感じました。と言っても、マスタードソースをたっぷりつけたら味に違いなんてほぼ感じなくなります。

でも業務スーパーは国産の鶏を使って国内製造されています。しかも500gも入っていて398円、さらに冷凍なので長持ちというメリットもある。というわけで、今後は業務スーパーのチキンナゲットでいいと思いました。

といいつつ、二つずつ食べたところで胃もたれを感じてしまいました・・・。まだ4つしか食べてないのに。子供の頃はチキンナゲットを目一杯食べたいと思っていたのに無理になってしまったようだ。これじゃまだまだ減りそうにない。今年中に食べきれるかな?

というわけで、食欲旺盛なお子さんのいるおうち、お客を招いてのビールの肴としてストックが必要なおうち、突然ホームパーティをすることになったとき等に便利でお得な冷凍食品だと思います。

近くに業務スーパーがない人は通販で同じものがありました。1キロタイプです。

最後にひとこと

本当は広島産の牡蠣フライを買って帰りたかったんだけどなあ。売り切れでした。次こそは試したい。

タイトルとURLをコピーしました