中国製、韓国製を買わないために日常の買い物で注意するべき買い物リストはこちら

絶対使うな|中国製乳児用クリームで多毛・顔の腫れ、肥大化

中国製 乳児用クリーム ベビークリーム 肥大 増毛 薬害 危険 made in china中国製・中国産
スポンサーリンク

赤ちゃん用のクリームを塗ったら、体毛が増加したり、顔が腫れたり、肥大するというニュースが報道されていました。注意喚起のために取り上げておきます。

スポンサーリンク

中国製クリームで顔が肥大

まずはソースをどうぞ。

なぜ?乳児用クリーム使った赤ちゃんに体毛の増加や顔の腫れ―中国

中国福建省漳州市の衛生当局は8日、違法添加物の疑惑が持たれた乳児用クリームについて、メーカーに回収を命じたことを明らかにした。中国のニュースサイトの中国網などが伝えた。

中国メディアによると、同市のメーカーが生産するクリームを使った赤ちゃんに体毛の増加や顔の腫れ、発育の遅れなどが現れたという。

同市衛生健康委員会は8日、このクリームにホルモンが違法に添加された疑いがあるなどの情報を受け、職員を派遣してメーカーに対する現場調査を直ちに行ったと説明。すでに商品の回収を命じていることやメーカー側が生産を停止したことなどに言及した上で、「現在、踏み込んだ調査を進めているところだ」と表明した。(翻訳・編集/野谷)

レコードチャイナ:2021年1月11日(月) 19時40分

https://www.recordchina.co.jp/b866117-s0-c30-d0063.html

一体何を入れていたのだと思うのと同時に、赤ちゃん用なのにどうしてそんなものを入れるのか理解に苦しみます。

別ソースもあります。

また!クリームで乳児の顔が肥大化―中国

2021年1月18日、澎湃新聞は、「塗ったら顔が腫れた」などのクレームが相次いだ赤ちゃん用クリームについて、広東省の衛生監督当局が生産停止を命じたと報じた。

記事は、このほど「戒之館」ブランドの乳児用クリームを使用したところ、乳児に顔の腫れや発毛といった症状が現れたとのクレームが消費者から相次いだと紹介。広東省衛生監督所が18日に生産企業と販売企業の現場調査を実施し、製品サンプルを検査機関に送って詳しい検査を行うとともに、当該製品の生産停止、販売停止を命じたと伝えた。

その上で、同ブランドの乳児用クリームについては以前より使用後の異常が発生していたとし、雲南省シーサンパンナ市で昨年7月に当該製品を乳児の娘に塗布したところ、使用開始からおよそ1カ月半で顔の腫れや異常な発毛、発育遅延などの症状が出たとの報告があったと伝えた。また、広東省広州市でも昨年9月末にネット上で購入した当該製品を乳児の尻に塗布したところ多汗、顔の肥大といった症状が発生したと訴える消費者がいることを紹介している。

記事によれば、当該製品は主にECサイトを通じて販売されていたとのことで、当局はネット上で引き続き当該製品が販売されていないか、抜き打ち調査を実施することを明らかにした。

乳児用クリームを巡っては、福建省漳州市の衛生当局が今月8日、「使用者に体毛の増加、顔の腫れ、発育の遅れ」などの症状が起きているとして、メーカーに回収命令を出していた。当局によれば、クリームにはホルモンが違法に添加されていた可能性があるという。(翻訳・編集/川尻)

レコードチャイナ:2021年1月20日(水) 0時20分

https://www.recordchina.co.jp/b868197-s0-c30-d0135.html

大紀元は動画でも取り上げていました。

2月3日 大紀元ニュース ▶英、ビザ発給の審査厳格化へ▶英、日米豪印戦略対話「クアッド」参加検討▶ウクライナが中国企業4社制裁▶中国製保安検査設備の使用禁止▶抗菌クリームの使用で「巨大な頭の赤ちゃん」

動画より文字で読みたい人は「抗菌クリームの使用で「巨大な頭の赤ちゃん」が再び=中国青島」をどうぞ。(大紀元に移動します)

中国製医薬品の危険性

今回の乳児用クリーム事件で気の毒なのは、使ったお母さん達が「赤ちゃんのために」使った結果、赤ちゃんの頭が肥大したり、多毛症を発症していることです。

しかし残念ながら中国企業には倫理観を期待できないのは常識で、今までにも数々のトラブルを起こしています。

これはもう「儲け主義」というレベルではなく「倫理観の欠如」です。価値観が全く違う人たちとしか思えません。そういう意味では、韓国も同じです。

再発防止策を

不幸中の幸いなのは、今回のクリームは既に回収になっており、これ以上の被害が広がることは抑えられることです。しかしそれだけにとどまらず、やるべきことがあります。

それは、こういったトラブルの再発防止です。より厳しく取り締まることが急務です。そのためには、中国人自身の「倫理観」を磨くことが要になるでしょう。「儲け」だけを追求するのではなく、信頼される製品を作ることが大切だと、中国企業も学ぶべきです。

正直なところ、道のりは険しい。しかし中国人が自ら変わらなければこの状況は変わらない。また誰かが被害に遭うだけです。隣国民としてはそれを切に願います。

最後にひとこと

こういう問題が起こる限り、やはり中国製は避けるしかないですね。

0
タイトルとURLをコピーしました