中国製、韓国製を買わないために日常の買い物で注意するべき買い物リストはこちら

中国製検査キット返品|スペイン保健省「検査する意味がない」

中国製 検査キット コロナ 武漢ウイルス リコール 返品中国製・中国産
スポンサーリンク

中国製マスクが不良品ばかりで基準を満たしていないとして返品されたニュースを紹介しましたが、今度は中国製の検査キットが返品されました。欧州各国で中国製の衣料品を拒否する動きが出ているので取り上げます。

スポンサーリンク

スペインが中国製検査キットを返品

まずはソースをどうぞ。

<中共肺炎>スペイン、中国製検査キットの感度30% 「使用する意味がない」と返品へ

スペイン保健省が中国から購入した中共ウイルス(新型コロナウイルス)検査キットの感度が30%しかないという。同国大手紙、エル・パイス(El País)が3月26日に報じた。
現在、スペインで5万人の感染が確認された。スペイン保健省は25日、中国からマスク5億枚、検査キット550万個、呼吸器950台を4.74億美元で購入したと明らかにした。
中国深圳にあるBioeasy(易瑞生物)によって製造されたこのキットは、80%以上であるはずの感度が30%であると、事情に詳しい情報筋が同紙に伝えた。
スペインではこれまで核酸検査(PCR法)を採用していたが、結果が出るまで4時間かかる。この検査キットは、妊娠検査と同様の方法で行われる。鼻咽頭から採取したサンプルを希釈してカートリッジに入れ、10~15分後に陽性、陰性、無効のいずれかのマーカーが浮かび上がる。
スペインはこのキットにスクリーニングの機能を期待していた。陽性反応が出た患者に治療を開始するが、陰性反応や疑いのある患者にはさらにPCR検査を追加する。
検査キットの予備テストに参加した同国の専門家は、30%の感度しかないならこのキットを使用する意味がないと批判した。今後、キットの使用を中止しこれまでのPCR法検査に戻るという。
スペイン保健省は、検査キットを中国のメーカーに返品し、代替品の送付を求めるという。
チェコメディアも中国から購入した検査キットのエラー率が80%と報じた。

大紀元: 2020年03月27日 13時54分

https://www.epochtimes.jp/p/2020/03/53804.html

藁をもすがる思いで買ったのでしょうがね・・・。ソースをもう1つ。

中国製マスクや検査キット、欧州各国が使用拒否 「基準満たしていない」

欧州各国が、中国製の新型コロナウイルスの流行対策用品を拒否している。
スペインやトルコ、オランダの当局は、中国製の検査キットや医療用マスクが基準を満たしていないか、欠陥があるとしている。
欧州では新型ウイルスによる感染症(COVID-19)患者が数十万人報告されており、イタリアではこれまでに1万人以上が亡くなっている。
新型ウイルスは2019年末に中国で初めて検出された。中国政府は感染拡大を抑えるため、厳しいロックダウン(封鎖)措置を講じた。

何が問題なのか?

オランダの保健省は28日、中国製のマスク60万枚をリコールしたと発表した。これは今月21日に中国のメーカーから届いたもので、すでに最前線で治療に当たる医療チームに送られていた。
オランダ当局は、これらのマスクは品質認証を受けているものの、きちんと装着できず、フィルターも機能していないと説明している。
当局は声明で、「残りの在庫はただちに凍結され、最前線にも配送されていない」、「そして、この在庫は使わないことが決まった」と述べた。
スペイン政府も中国企業の製造した検査キットについて、同様の問題に直面した。
スペインは数十万個の新型ウイルス検査キットを購入したが、数日後には、そのうち60万個近くで正確な検査ができないことが明らかになった。
在スペイン中国領事館はツイッターで、この検査キットを販売した「深圳市易瑞生物技術(バイオイージー)」は中国の保健当局から認可を得ていないと説明した。
また、中国政府および中国ネット通販大手・アリババ集団からスペインに寄付された医療用品には、バイオイージーの製品は含まれていないことを明らかにしている。
トルコも、中国企業に注文した検査キットに欠陥のあるものが見つかったと発表。ただし、35万個は機能しているという。
中国をめぐっては、新型ウイルスのアウトブレイク(大流行)を政治的影響力の強化に使おうとしているという批判も出ている。
欧州連合(EU)のジョセップ・ボレル・フォンテジェス外務・安全保障政策上級代表はブログで、「情報戦と『寛大さの政治』を使って影響力を得ようとするなど、地政学的な要素がみられる」と指摘している。
「中国は、自分たちはアメリカとは違って、責任感があり信頼できるパートナーだというメッセージを意欲的に押し出している。我々は事実で武装し、欧州を誹謗中傷から守らなくてはならない」

https://www.bbc.com/japanese/52102319

中国は自分の為に中国は敵じゃないと必死に訴えているが、裏目にでるだろう。

世界中で返品される中国製検査キット

中国製の検査キットがいかにあてにならないかの証拠として、返品された事例を取り上げておきます。

1つも陽性が出ない検査キットをチェコが返品(2020/3/26)

陽性の出ない検査キットをチェコが返品。

<中共肺炎>チェコ、中国から購入した検査キット エラー率8割

中共ウイルス(新型コロナウイルス)の流行が世界に拡大するにつれ、中国はヨーロッパへの医療品の販売や支援を続けている。いっぽう、東欧チェコのニュースによると、中国から購入した検査キットは、80%が不良品で、信頼性に欠けるという。
現地紙プラハ・モーニングによると3月18日、チェコは中国深セン市に特別軍用機を派遣し、中国から購入した肺炎ウイルスの検査キット15万セットを輸送した。報道によると、チェコ保健大臣のアダム・ボイテク(Adam Vojtech)氏によると、キットは大型病院、警察、兵士のために使用される。
検査キットは、保健省が1400万チェココルナ(約6100万円)で10万セット、内務省が5万セットを購入した。
しかし、23日報道の現地メディア「iROZHLAS.cz」によると、衛生学者パブラ・スブリノバ(Pavla Svricinova)氏は地域危機管理会議の会見で、中国の検査キットをオストラバ大学病院で使用したが、エラー率が8割と高く、陽性反応が一つも出なかったという。

中国政府やファーウェイ、アリババなど民間企業は、3月後半から、欧州やアジアの国々に対して、マスクや防護服、検査キットなどの寄付や販売を積極的に行っている。報道によると、チェコはさらに3000万枚のマスク、25万着の防護服を調達する予定だという。
中国のコロナウイルス検査キットは最短20分で結果が出ると謳われ、6時間もかかる従来品より検査時間の大幅短縮で注目されていた。
中国共産党による世界的な援助品は外交的要素が含まれているが、キットの信頼性の低さは、国のイメージの低下につながる可能性がある。

大紀元:2020年03月26日 18時00分

https://www.epochtimes.jp/p/2020/03/53733.html

40%の精度しかないので使わないフィリピン(2020/3/29)

フィリピンは使わずに保管しました。

フィリピン保健相「中国製の検査キット、精度40%で使用しない」

フィリピン保健省次官は28日、マニラで開いた記者会見で、中国から送付された中共ウイルス(新型コロナウイルス)の検査キットは、世界保健機関(WHO)の基準で「40%の精度」しかないと述べた。このため、使用せずに保管しているという。
マリア・ロザリオ・ベルゲイル(Maria Rosario Vergeir)次官は「私たちは、寄贈された検査キットを事前に検証している。どの検査キットが低品質で、使用するべきでないかを確認している」と述べた。中国以外の国や組織から寄贈された検査キットは、WHOの基準に基づいて正確だったと付け加えた。
スペインは最近、中国深センの易瑞生物(バイオイージー)社から購入した検査キットが不良品だったとして、5万8000個あまりを回収し、返品する。チェコもまた、中国製の検査キットが不正確であったと報告している。
易瑞生物は声明で、今回の不正確な結果は、サンプルの収集やキットの使用方法に誤りがあった可能性を示唆している。同社はまた、検査キットの使用方法の説明が不十分であったとも付け加えた。

大紀元: 2020年03月29日 09時51分

https://www.epochtimes.jp/p/2020/03/53877.html

中国以外から寄贈されたものは正確だったそうです。もっとまともなものを作って売れよ。使い物にならない検査キットなんて場所を取るだけのゴミ。

イギリスが中国製検査キットを拒否(2020/4/8)

中国製検査キットが使い物にならないとしてイギリスが返品。

中国製コロナ検査キット使い物にならず、イギリス政府が返金を要求へ

<自国のコロナ危機を脱した中国は、イメージ回復のため他国にコロナと戦う医師や医療品を支援しているが、欠陥品も多い>
イギリス政府は、中国から購入した新型コロナウイルスの検査キットについて、数百万個分の代金の返金を求める方針。製品調査により、大半の患者のケースで信頼性が得られないと判明したためだ。

イングランド公衆衛生庁(PHE)のコロナウイルス検査プロジェクトで調整役を務めるジョン・ベル教授が4月6日に語ったところによれば、問題の抗体検査キットは、重症に分類されない患者、つまり大半の検査対象者に関して、結果に信頼がもてないという。
オックスフォード大学の研究者であるベルは、ブログ記事のなかで次のように説明している。「残念ながら、これまでに検証した検査では、じゅうぶんな性能が得られなかった」。さらに、次のように続けている。「多くの偽陰性が見られ、偽陽性も確認された……これは、検査の供給側にとっても我々にとっても、良い結果ではない」
イギリス政府は3月、おもに中国から、抗体検査キット350万個を購入した。「デイリー・テレグラフ」紙によれば、英国の企業を含む9社に、キット1750万個の仮注文を出していたうちの一部だ。だが、いずれについても、大規模検査を開始するだけの信頼性は得られなかったとベルは述べている。

後略

Newsweek: 2020年4月8日(水)17時25分 デービッド・ブレナン

https://www.newsweekjapan.jp/stories/world/2020/04/post-93061.php

中国の感染者数の少なさはこの使えない検査キットのせいだろうという声が出始めています。

インドが中国製キット返品(2020/4/28追加)

インドが返品しました。ソースはこちら。

インド保健当局は27日、新型コロナウイルス感染後にできる抗体を調べるため中国の2社から調達した検査キットを返却する方針を明らかにした。インド医学研究評議会が「精度のばらつきが大きい」として、地方の当局に使用中止を要請した。地元メディアが伝えた。地元メディアによると、インド政府は50万キット以上を調達。地方の当局が使い始めたが、検出数が少ないといった報告があり、医学研究評議会が精度を調べていた。
 抗体検査は無症状感染者も含めて感染歴を調べることになるため、地域の感染状況の把握につながり、外出自粛などの政策判断に使える可能性があるとされている。米ニューヨーク州や中国・武漢市などで実施されたが、精度が不十分との指摘も出ていた。(共同)

産経新聞:2020.4.28 07:02

https://www.sankei.com/life/news/200428/lif2004280004-n1.html

衛生用品は国防そのもの

武漢ウイルス(コロナウイルス/covit-19)による武漢肺炎は、感染予防が第一です。

しかし無症状、無自覚の感染者もいるために、「自分が他人に伝染さない」ことを心がけることが感染を防ぐことにつながると考えられています。

そこで重要なのは「マスク」ですが、日本でさえ国産マスクの比率が落ち、中国に頼っていた現状がありました。これは猛省すべき点です。

私は「中国製や韓国製のものを買わないために日常のお買い物で注意するべきお買い物リスト」を何年も前から作って公開していますが、ガーゼなどの衛生用品に中国製が増えていることをずっと危惧していました。そしてその危惧が現実の問題として襲ってきたことにショックを受けています。

日本企業の製造工場を人質にする中国

別に中国製でも良いのです。信頼できる国の製品なら。しかし中国は信頼できる国ですか?

テレビメディアでは、中国にある日本企業のマスク製造工場が中国政府の管理下に置かれて輸出も出来ない状況に追いやられている映像も流れていました。それが現実です。

衛生用品は国産に切り替えるべき

「中国は敵国」であると言い切って良いでしょう。日本だけでなく諸外国も、国民の命を守ることにつながる製品は自国での生産に切り替えるべきです。

絶対に必要なものの製品を国内製造に切り替えることは、雇用対策にもなります。もちろんお給料はしっかり適正に払うことも条件です。そして国防製品ですから、国籍条項もつけるべきです。

働けるのはその国の国籍を持つもののみに。それが自分の国を守る基礎になる。日本政府は今後そうしてほしい。同じ失敗を繰り返してはならない。

最後にひとこと

衛生用品を中国に頼ることは絶対に避けなくてはいけないと世界中が痛感しているでしょう。武漢ウイルスをきっかけに、中国という国の正体を知り、距離を置いて付き合うようになることを心から願います。

タイトルとURLをコピーしました