【日本製絹商品で快眠】風邪の予防法と冷え対策【温活】

私は個人事業主で、代わりの人に仕事をやってもらえないので絶対に風邪を引けません。そのために年中体調管理に気を遣っています。特に冬は危険なシーズンで完全防備をしています。それでも「ちょっと調子が悪い」状態になったりしますが、仕事を断る事態には至ってません。それもこれも眠る時の防御力の高さ(笑)故だと自負しています。というわけで、私の安眠、風邪予防対策とついでに手に入れたばかりの絹製の快眠グッズをご紹介します。

スポンサーリンク

風邪についての基礎知識

そもそも何故人は風邪を引くのか?未だに薬も無い。風邪に効く薬が出来たらノーベル賞と言われて久しい。「はよ作って!」と思うのですがまだまだ無理そうです。ならば自己防衛です。そのためにはまず風邪についての基礎知識を勉強しましょう。

風邪の原因

一般的に言われるその原因は「ライノウイルス」や「コロナウイルス」、「アデノウイルス」と言ったウイルスに感染することと言われています。これらのウイルスがくしゃみ、鼻水、咳、熱などの風邪の症状を引き起こします。しかし、抵抗力があれば例え感染しても軽度で済みます。重度の症状になるのは、その時の罹患者の状態に左右されるわけです。

風邪ウイルス

ウイルスの種類によって、引き起こす症状も様々です。というわけで有名どころを一覧にしてみました。

「アデノウイルス」
49種(分類で51種とも)が確認されており、夏〜冬に多い。肺炎や結膜炎の原因にも。塩素が有効。
「ライノウイルス」
鼻風邪の原因として有名。一番多い風邪の原因ウイルスとされている。
「RSウイルス」
一年中活動する嫌なやつ。乳児など小さな子供が感染しやすい。重症化すると肺炎などになる。高齢者も注意が必要
「ロタウイルス」
小さなお子さんが感染します。白い排泄物が特徴。下痢は止めずにウイルスを出し切る事が有効。
「ノロウイルス」
数年まえから騒がれるようになった胃腸性風邪の原因。カキなどの二枚貝などから感染。中でも韓国産の海産物を食べると感染リスクが高くなります。(韓国は下水処理が出来ていないため、海は汚物だらけです。韓国産は食べてはいけない。韓国海苔にトイレットペーパーが混ざっている事は有名です。)

風邪菌

風邪の原因は9割がウイルスですが、細菌感染で風邪症状を引き起こす事もあります。細菌由来の風邪は治り難いのが特徴。長引くだらだらとした風邪は細菌性である可能性が高い。

「化膿レンサ球菌(A群β溶血性連鎖球菌)」
「溶連菌」と言えばこいつ。主に喉に取り憑いて苦しめてくる。抗生物質でノックアウト出来る。が、残ると厄介。
「肺炎球菌」
高齢者がとくに注意しなくてはいけない細菌。65歳以上になると肺炎球菌ワクチンを無料で接種して貰えるので、地元の自治体に確認すると良い
「インフルエンザ菌」
今回初めて知ったこの存在。インフルエンザウイルスとは別物で、体内に常在しているというから更に驚愕です。ちなみに同じ名前の理由は、1800年代に流行したインフルエンザと誤認されたためです。本当は別の菌だったのです。なんと「ヒブワクチン」の攻撃対象。なるほどヒブワクチンはこの菌を抑える為にあったのですね。

室内の防御方法

室内で行える予防法もありますのでご紹介。

基本は手洗い、うがい

外出先から帰ったら、トイレに行ったら、料理をする時も、当たり前ですがしっかり手洗いです。昔に比べて洗えば洗うほど水分が薄れてカサカサになりますが(涙)、風邪を引くよりマシです。私と同じ悩みのある方は洗ったらハンドクリーム。これでしっかり防御しましょう。

うがいは喉のためだけではありません。口内には様々な菌やウイルスが溜まりがちです。それをうがいで洗い流すことは風邪予防だけでなく虫歯予防にもなります。

加熱式の加湿器

ウイルスや菌の居づらい環境にしています。そう、いわゆる「スチーム加湿器」の使用です。冬場はフル稼働。しかしその加湿器も清潔にしておかないとカビをばらまく事に繋がったり、中に「スケール」と呼ばれるミネラルの固まりが溜まったりする為、「1週間に1度は掃除」が推奨されています。しかし私は水を補充する時にさっと中を濯いでいます。「いつ掃除したっけ??」となる面倒くさがりな私にはこの方が衛生的なのです。
そうそう、超音波式や気化式はお手入れをさぼる方には絶対に推奨しません。不潔にしておくと逆に病気になるのでしっかり掃除してくださいね。
ちなみに私の部屋の加湿器。生産地は不明です。本体を舐めるように見たのですが書かれてなくて。ちなみに2006年生産の三菱電気製。型番はSV-306。アロマ機能がついていますが使った事ありません。「うる肌モード」「のどガード」機能が気に入って購入したものです。まだまだ壊れる気配はありません。でももうすぐ10年選手。最新のものだと電気代節約になってるかも?ちょっと気になります。

三菱電機加湿器SV-306

肝心の性能ですが、よく効いています。が、私の部屋の窓側の断熱ががうまくいっていないせいか、”普通に”使うと壁に結露が出てしまいます。というわけで、壁に結露しないように床置きにして使っています。直置きにするとエアコンによる乾燥攻撃と正面衝突的な戦いをするらしく、すぐに水が無くなりますが、壁に結露せずに適度な湿度になるのです。無駄な使い方かもしれませんが、壁にカビが生えたら大変なので(汗)

そうそう、念のため日本製の加湿器を紹介しておきます。どうせ買うなら日本製の方は参考にどうぞ。

日本製にこだわったという三菱電機さんの加湿器。今我が家に有るものより良さそう・・・新しいの欲しいなあ。

ダイニチさんは日本製で、3年保証付き。こだわりを感じますね。

象印さんからも日本製。転倒湯漏れ防止構造なのはいいかも。

身体の”首”を温める

「首」「足首」「手首」などを冷えから守ります。首は、マフラーやストール。足首はいわゆる「レッグウォーマー」。手首は長袖なので普段意識しませんが、出さないようにしています。

私の室内用マフラー。大きめなので膝掛けにもなります。かなり古くなっていますが気にしない。

マフラー

愛用しているレッグウォーマー。こちらもかなりの年期。

レッグウォーマー

ズボンだとレッグウォーマーだと気づかれ難いです。ちなみに靴下は靴下屋さんのものです。

足下を可愛く演出するカバーソックスが、当たり外れが多いのが現実。そこで「高くても売れている」という評判の「靴下屋」さんの日本製カバーソックスを購入。すると見事に脱げなかった。というわけで、リピート決定です。

レッグウォーマー

先日記事で紹介した日本製の室内ブーツとの最強の組み合わせ(笑)

室内ブーツとレッグウォーマー

外出先での防御方法

外で出来る対策もあります。

マスク

「助かりマスク」一度聞けば忘れられないこの声とCM。広川太一郎さんみたいな人ってもう居ないのかな?ものすごいインパクトのCMナレーションだと思います。探したらあったのでご紹介(笑)

というわけで、マスクを買う時はいつもクリーンラインを選んでしまうんです。

話を戻して(笑)
「マスクは周りに伝染さないためのもの」という意見もありますが、装着しておけば喉の保湿になります。湿気があれば菌やウイルスが嫌がるので装着しましょう。

買いだめしている愛用のコーワのクリーンラインのマスク。

コーワ/クリーンラインマスク

12個入りなのですが、写真のように4枚ずつの小分け包装になっているので、いつも一袋バッグに入れています。これで出かける時に装着し忘れても大丈夫。勿論日本製。

コーワ/クリーンラインマスク日本製

PM2.5が気になるので、買いだめしているものが無くなったらPM2.5対応のクリーンラインにするつもりです。

殺菌効果のある飴

ハチミツ100%の飴。ハチミツには抗菌、殺菌効果があるので電車に乗る時に一つ口の中に入れます。そうすれば喉が潤うし、入って来た菌も撃退できます。口内炎などにも良いみたいです。

はちみつ100%あめ

お気に入りのハチミツ100%飴。美味しいから食べ過ぎ注意です。撮影して気がついたのですが、お花の形なんですね。かわいい。

はちみつ100%あめ

一粒のカロリーは約13.9kcl。

はちみつ100%あめ一粒のカロリー

ちなみに混ぜ物無しの100%はちみつのあめは扇雀飴本舗さんのものだけです。特許を取得して作られているのでまがい物にはひっかからないようにお気をつけ下さいね。

まだ試してないのですが、プロポリスキャンディもかなり良いそうです。口コミでは薬レベルだとか。今度店頭で見かけたら買ってみるつもりです。

緑茶

飴が嫌いな人はこちらで。時折喉を潤すと緑茶の成分カテキンが喉を綺麗にしてくれます。飴が切れている時にはこの方法で防御しています。私のお気に入りは「綾鷹」です。(誰も聞いてないw)

睡眠時の対策

昨日まで何ともなかったのに、朝起きたら「喉が痛い」「身体が怠い」「微熱がある」。これらは概ね、睡眠中に身体を冷やす等の原因で、既に身体に取り憑いていた菌やウイルスが暴れて、風邪の初期症状を引き起こしている状態です。身体が冷えると抵抗力、免疫力が下がります。すると大人しかった、あるいは免疫力で抑えていた菌やウイルスが暴れ始めるわけです。体温が高い人は病気に掛かり難いと言われるのもそのためです。眠っている時は無防備になりがちです。ですから冷えない服装で防御しましょう。

で、今回より一層快適に眠りたいと素敵なグッズを探していたら絹製のものが肌にいいということでお試しで絹素材の快眠お助けグッズを買いました。そのお店は絹専門店で、下着やカットソーなどもありました。日本製の絹製品も沢山あるので、金銭的に余裕が有る時に買ってみるつもりです。あ、全てが日本製ではないので、気になる方は日本製かどうかをしっかりチェックしてからご購入してくださいね。
興味のある方はどうぞお店へ。イーズクリエーションへ行ってみる。

そうそう、私はこちらのお店の商品でシルク下着デビューしました。すっかり愛用者ですw

さて。今回注文して届いた時の写真。クロネコヤマトさんの紙袋で届きました。

イーズクリエイション包装

開けると綺麗に包装されていて嬉しかったです。リボンにも袋にも社名の印刷。気合いを感じます。ていうか経営も大丈夫そうです。(余計なお世話w)

イーズクリエーションラッピング

絹商品のカタログと嬉しい特典が同封されていました。

イーズクリエーション同封物

期限付きですが、次回使える500円クーポン。これはポイント高し♪

イーズクリエーションクーポン

寝間着のタイプ

ベストは上下タイプのパジャマです。でも私のように身体を締め付けないゆったりネグリジェタイプの方が好きという方もいると思います。そんな方は眠る時に足首用のゆるいタイプのレッグウォーマーで温めましょう。というわけでわたしのゆるゆるになっているレッグウォーマー。毛玉が(笑)昼間使っていたものですが、睡眠用にしました。

レッグウォーマー

こちらは新しく購入したレッグウォーマー。肌に当たる部分がシルク素材になっています。絹は肌に優しくて通気性も良いそうなので初購入。夏も着用できるそうです。凄いですね。

シルクレッグウォーマー

袋から出してみました。

日本製ロングレッグウォーマー

日本製です。
日本製レッグウォーマー

裏地は白です。

レッグウォーマー裏

首にはタオル

首を冷やさないために、綿のタオルを巻いて眠っています。綿素材なのは汗対策です。しかし冬場は汗をかく記憶はありません。でも寝汗はかいてるんだろうなあ。少し長めが巻きやすいです。

首にまくタオル

今回手に入れたシルクのネックウォーマー。

シルクネックウォーマー

首がすべすべになるかも!という期待をして買いました。首の形になっています。ただ今回は私のチェックミスで日本製ではありませんでした(号泣)セールで安くなっていたのに飛びついたため気がつかなかったのです。注意力散漫でした。猛省。でも今回買ったお店には日本製のネックウォーマーもちゃんとあるので買うつもりです。買ったら追加で紹介しますね。しばしお時間を下さい。

シルクネックウォーマー

タグを見るとmade in china。やってしまった〜〜><;でも企画は日本だそうです。中国製ですが、もったいないからきっちり洗って破れるまで使います。

シルクマスクタグ

次回買うつもりのシルク100%、日本製のネックショルダーウォーマーです。首だけじゃなくて肩までおおってくれるデザインなので寒い季節に大活躍してくれそうです。

マスク

口を開けて眠っている事はないと思うのですが、乾燥対策です。朝になって外れている事もあるのがちょっとした問題。ちゃんと装着して眠れている時は素晴らしい効果を感じます。上で紹介したコーワのクリーンラインを付けて寝てました。

今回手に入れたシルクマスク。紐まで絹なのが素敵。

made in japanのシルクマスク

シルク効果で顔の調子が良くなるかも!?顔の調子って何だ(笑)このマスクは紐で縛るタイプなので使い捨てのよりもつけ心地が良いだろうと期待しています。一つ残念なのは「日本製」タグがないこと。マスクにラベルをつけると装着時邪魔になるため何も着いてないのは納得しているので、せめて取り外せるタイプの商品日本製証拠タグが欲しい。でもそれをするとコストがかかるでしょうね。だから無いのかなあ。商品の紹介ページにははっきり日本製と書かれているので信じるしかないか。

日本製シルクマスク

で、実際のつけごこちなのですが、びっくりするほど柔らかくて感動しました!日本製のラベルが云々とか寝とぼけた事をいってました。あったら台無しです。本当に優しい感触で、目覚めた時、お顔も心無しかしっとりしている感じでした。これは洗い替えが必要なアイテムです。当たりアイテムでした。

最後にひとこと

なにより守るべき事は「身体を冷やさない」事です。ついで、ウイルスや菌をなるべく体内に「取り込まない」「敵を殲滅する」です。高い体温で自力防御、マスクや飴、緑茶で侵入させない、そして帰宅したらウイルスや菌を洗い流して殲滅。これを守っておけば、酷い風邪など引きません。実際私がそうです。皆さんも是非実行してみてくださいね。それでも風邪を引いたら・・・たっぷり眠って下さい。それしかありません(笑)風邪薬など無いのですから。

ここまでお読み下さり、ありがとうございました〜。