中国製、韓国製を買わないために日常の買い物で注意するべき買い物リストはこちら

緊急注意!|中国産・韓国産「貝の塩辛」でA型肝炎患者増加中

韓国 A型肝炎 貝の塩辛 中国産 韓国産韓国製・韓国産
スポンサーリンク

韓国でA型肝炎患者が急増中という報道が出ました。原因は、中国産と韓国産の貝の塩辛ということです。絶対に食べないように!

スポンサーリンク

韓国で集団A型肝炎患者発生中

まずはソースをどうぞ。

今年韓国でA型肝炎急増、原因は中国産「貝の塩辛」

今年A型肝炎が流行しているのは、汚染された貝の塩辛が原因であることが明らかになった。保健当局は今月末にも全数調査を実施し、安全性が確認されるまで、できるだけ貝の塩辛を食べないよう勧告した。

 疾病管理本部は、先月までに確認された全国のA型肝炎集団発生を調査したところ、全発生件数26件のうち21件(80.7%)で貝の塩辛の摂取が確認されたと11日に発表した。患者たちが食べた貝の塩辛を疾病管理本部が入手して調べたところ、貝の塩辛が回収できた18件のうち11件(61.1%)からA型肝炎ウイルスの遺伝子が検出された。


 A型肝炎はウイルスに感染してから平均4週間(28日)後に症状が現れる。昨年7月28日から4週間内に確認された患者2178人のうち、疾病管理本部が270人を無作為抽出して貝の塩辛の摂取有無を確認した調査でも、調査対象者の42%が潜伏期間中に貝の塩辛を食べていたことが分かった。

 今年のA型肝炎申告件数は、今月6日現在で1万4214人に達し、昨年同期間の1818人に比べて8倍近く増加している。患者数が1万人を超えたのは2009年の1万5231人以来、10年ぶりだ。

 今回の調査でウイルスが検出された製品は、10製品のうち9製品が中国産で、1製品は国産であることが確認された。輸入・生産量は3万7094キログラムで、このうち3万1764キログラムが販売・流通しており、残りの5330キログラムは廃棄された。食品医薬品安全処は27日までに貝の塩辛販売業者を全数調査する計画だ。生産・製造業者には貝の塩辛製品の流通・販売をしばらく停止するよう要請し、今後A型肝炎ウイルス遺伝子が検出された製品は、すべて回収・廃棄し、販売中止措置を取る方針だ。

 A型肝炎は通常、ひどい疲労感や食欲不振、吐き気や腹痛などが数週間から数カ月続き、黄疸(おうだん)が現れることもある。6歳未満の小児は感染しても症状がなかったり、軽く済んだりするが、成人は70%以上に症状が現れ、ひどい場合は死亡する恐れもある。疾病管理本部のヨム・ミンソプ感染症管理センター長は「A型肝炎ウイルスは熱に弱いため、貝類はできるだけ火を通して食べれば安全だ」と述べた。

ヤン・スンジュ記者
朝鮮日報/朝鮮日報日本語版

http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2019/09/12/2019091280014.html

貝の塩辛なんてあるんですね。知りませんでした。A型肝炎ウイルスは熱に弱いから加熱すれば安全とありますが、そもそもそんなものが入った塩辛なんて食べたくありません。

肝炎とは

肝炎とはウイルスや細菌、あるいは薬物等で肝臓が炎症を起こす病気で、症状としては食欲不振や倦怠感があり、黄疸が出るのが特徴です。

原因

いろいろ原因があるものの、アルコールや薬物によって起きる肝炎は10%程度で、90%はウイルスによる「ウイルス性肝炎」です。現在わかっている肝炎を起こすウイルスは、A型、B型、C型、D型、E型、F型、G型の6種類です。

肝炎ウイルスの感染ルートと治療法

6種類ある肝炎ウイルスは感染ルートに特徴があります。

A型肝炎

飲食物を介して経口感染するため、地域的に時々流行している。感染しても経過は良好で比較的簡単に治る。

B型肝炎

B型肝炎は、血清肝炎、あるいは輸血後肝炎とも呼ばれており、輸血による感染が中心でした。しかし現在は、母子感染や性的接触が主な感染ルート。一部が慢性化して肝硬変に移行することもあります。予防ワクチンがあり、95%以上の予防効果が認められている。

C型肝炎

C型は、1989年にアメリカで発見されたウイルスです。その後、D型、E型、F型も発見されている。日本でのD型、E型肝炎は稀とされている。

感染は40%から50%が輸血によるもので、60%の人が慢性化して肝硬変、肝がんへ移行する可能性が高い。治療薬はインターフェロン。

気になる肝炎ウイルス入り「貝の塩辛」の行方

今回韓国で流行していA型肝炎はA型肝炎ウイルスによるもので、地域的に流行するものとも言われています。しかしその原因が「貝の塩辛」となれば、日本でも警戒が必要です。というのも、今ざっと調べてみたら、韓国産のあさりの塩辛が通販で売られていたからです。

韓国ではすぐに回収されたと報道されたとのことですが、韓国では回収対象になった大腸菌汚染ミネラルウォーターは)割が回収されずに売られていたことがあったり、韓国産として売られていても中国産だったこともあります。となると、今回の肝炎ウイルスに汚染されているという貝の塩辛の生産地があてにならないし、ちゃんと回収されて廃棄されるのかがそもそも不安です。

となれば、日本国内で扱われている中国産、韓国産の塩辛も安全とは言い切れません。しばらくは購入を控えた方が安全でしょう。

A型肝炎に汚染された原因は?

A型肝炎が蔓延しているのは、上下水道の整備が行き届いていない発展途上国が多い。ということは、中国も韓国も、まだまだ発展途上国レベルであるということを意味しているとも言えます。

そんな国ですから、当然A型肝炎ウイルスに感染している人間が居て、彼らが手を洗わないなどの不潔な状態で貝の塩辛の製造に携わっている可能性があるのではないでしょうか。

そもそも中国や韓国の海の汚染はひどく、製造管理も信用できるかといえばそうは言えない。やはり中国産、韓国産の海産物は避けるべきです。中国も韓国も自国民のためにも、もっと管理能力を高めるべきです。

最後にひとこと

塩辛が好物の人は本当にご注意ください。塩辛を食べるなら日本産で!

スポンサーリンク
韓国製・韓国産
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
優をフォローする
Select Japan Closet
タイトルとURLをコピーしました