【日本製シャンプー】美しい髪を維持する方法【日本製トリートメント】

多分、私の髪の毛は美しい。初対面の人や担当美容師にも言われています。9割お世辞としても1割は真実だと思いたい。ていうかほんの少しでもきれいじゃないと「綺麗」だと言えないはず。というのも先日、いつも通りいつもの美容院に行ったところ、髪を乾かす方が初めて見る方で質問攻めにあったのです。「どうやって維持してますか?」「どうやって乾かしてますか?」「どんなシャンプーですか?」と(笑)あまりに熱心に質問されたので、私は思いました。どうやら本当に私の髪の毛は美しく維持出来ているようだと。なので今日は質問攻めにあった内容を記事にしようと思います。

スポンサーリンク

普段のヘアスタイル

ぶっちゃけかなりの長さなので、いつもアップスタイルにしているかサイドでまとめています。ですが美容師さん曰く、まとめていることで髪への摩擦が結果的に防がれているのでしょうとのこと。というか、私ブラッシング苦手なんです。というのも細くてすぐに絡まってしまうので。なので一日一回まとめる時にブラッシングするだけ。丁寧にブラッシングできないならやらない方がマシなはず(笑)

とは言え、つやつやで美しい長い髪なら下ろしたい人が殆どでしょうね。が、これからの季節は避けた方がいいと思っています。紫外線も強くて髪の毛を攻撃してきますし、長い髪の毛は見た目で「暑苦しく」、周りの人の体温まで上昇させそうだからです。どうせなら「涼やかに」見せるのが良いかと。というわけで、夏場はアップスタイル推奨です。といっても私は冬場でもまとめていることが多いのですが(汗)

というわけで、私の髪の毛を公開。

kami

顔をさらすのが嫌なのでトリミングしたら怖いことになってしまった、ちょっと怖いですねすみません。せめて後ろから取れたら良かったのですが、三脚がないのでできませんでした。フラッシュをたくと光ってしまうのでこんな風な仕上がり写真に。ちなみに髪は染めてません。ごめんなさい。撮影の腕が無くて(涙)

使用しているシャンプー

昔はいわゆる市販品のシャンプーを使っていました。が、通っていた美容院で使ってくれたシャンプーがとても気に入ったため、それ以降、美容室専売品シャンプーを使っています。といいつつ、たまに浮気することも以前はありました。が、今は全く浮気なし、一筋です。というのも、市販のシャンプーを使って洗うとベタベタになって、長い間お風呂入っていない人のような髪になるからです。

専門家ではないので正確な原因はわかりませんが、想像するに「栄養やら成分過多」なのではないかと。匂いもてんこもりですし。もちろん、美容室専売品だって様々な成分が入っているのですが、必死にすすいでもベタベタするのは市販シャンプーだけです。ただこれは私個人の意見なので市販シャンプーをこき下ろすつもりはありません。ちなみにそのシャンプーはミルボンのディーセスシリーズのシャンプーとトリートメント。

milbon_deesses01

何年使っているのかさえもう判らないくらいです。ボトルの文字も消えてます。

milbon_deesses02

いつもこの業務用サイズ2500mlで購入しています。このサイズで買うとかなりお得です。普段私が購入しているときの金額は、セットで8,500円くらい。これを単純に半分に割ると一つあたり4,250円ですね。さらにこれを2500mlで割ると、1mlあたり、1.7円となります。で、一般的な市販品シャンプー430ml(詰め替え)の値段が400円くらいとすると、1mlあたり、0.9円。ディーセスを430mlで計算したら、731円。市販品シャンプーと比べると確かに割高です。

初めてに記事を書いた時よりも値段が上がっていました。こういう計算って値段が変わったらおじゃんなんですよねえ。なんにせよ、買う時一番安いものが鉄則ですね。(2016/9/19 追記)

とは言え、最近は高級志向のシャンプー、自然派シャンプーが流行っており、そういう商品よりは割安です。500mlで1000円くらいしますからね。なので高級志向でも自然派でもない・・・けど良いシャンプーを使ってみたい・・・という方は試してみると良いかも。あ、絶対に小さなサイズでお試ししてくださいね。髪の質に合わないと悲劇ですから。(我が家では母が合いませんでした)

2017/6/4 追記

ディーセスシリーズは廃盤が決まってしまいました。なので新しいシャンプーを探さなくてはなりません。試す予定はエイジングケアできるミルボンの「プラーミア」というシリーズです。でも他にも色々あってどれに落ち着くかはわかりません。とりあえず、新しいものを試していく予定です。皆さんも小さなサイズでお試しして、ご自分にあるシャンプーを開拓してくださいね。

他に、髪の毛をとかすときに引っかかってきたかな?と思ったら、一週間に1本ずつ使う集中トリートメント「ミルボンリンケージ」も使っています。

milbon_deesses03

使い方は簡単で、シャンプーした後の髪にもみこむようにしてなじませます。するとつるんとした感触に変化するのでそうなったら軽くすすぎます。一週間に一回、一ヶ月続けるとかなり補修されてる気がします。あくまで「気がする」程度ですが。感覚の問題です(笑)

milbon_deesses04

ご覧のように本体には日付を記入できるようになっているので、書いておくといいですね。自宅でしっかり髪の毛の手入れしてる感じがして私はこの行程が好きです。それに美容室でトリートメントをしてもらうとお値段が掛かってしまうので私にはこれで十分(笑)そうそう、髪の質によって使い分けが出来るよう複数のラインナップがあります。私は髪の毛細い人用。他に癖っ毛用、しっとり用とかがあります。

ドライヤー使用前にタオルで水分除去

長い髪の毛は乾かすのも大変です。ですが、ドライヤーの熱は髪の毛に良くありません。というわけで、徹底的にタオルで水分を除去します。バスタオルではなく、小さなタオルを最低2枚使って髪の毛の水分をタオルで吸わせてしまいましょう。

taoru

柄がバラバラでおはずかしいですが、貰い物やらで一杯あるのでフル活用できるので気にしません(笑)
洗濯物がいっぱいになるじゃないかという心配もあるでしょうが、バスタオルよりも早く乾きますし手軽です。むしろ身体を拭くのもこのタオルがいいと思っています。別に大きなバスタオルで身体を拭かないといけないと決まっている訳じゃないですし。これ意外といいですよ。干すスペースも小さくて済みますし、乾くのも早いですから。

ドライヤー使用時間は5分以内を目標に

しっかりタオルオフした髪はすぐに乾きます。出来れば砂時計を用意して計りながら乾かしてください。乾かすときには忘れずに「アウトバストリートメント」を付けましょう。大抵、熱から保護してくれる成分が入っているのでオススメです。そして髪の毛をかるくつまみ上げながら、髪の生え際、根元へ風をあてて手早く!
ちなみに私が使っているアウトバストリートメントは、ミルボンの「エストクアルSL」です。

milbon_deesses05

さらさらになる上、香りがあまり残らない(!)ところが気に入っています。なので正直、香りを楽しみたい人にはオススメできません。ちなみにこのシリーズは乾燥を防ぐしっとりタイプもあるので、自分の気になる髪の症状に合わせて使うといいですね。

聞かれてませんが、どうして香りが残りにくいものを好むのかと言いますと、私は匂いが苦手なのです。なので電車の中で香水が歩いているような人と出会うと気分が悪くなります。とは言え、ほのかに香りが残る女性というのも憧れます。「あ、ここにあの人来てました?」ってのはなんだか素敵です。でも実際にはそんなコメントよりも「あの人来てたんだ」的な印象です。匂いは皆の好みがあるもの。なので歩く匂い公害にならないように気をつけたいなあと思っています。

2017/6/4 追記
今はもうアウトバストリートメントを使っていません。使わなくても静電気の発生に悩まされたり、絡まらなくなったからです。思い当たる理由は一つ。それはつげ櫛の使用です。つげ櫛で丁寧にブラッシングする事が髪の維持につながり、静電気の発生を防止しているのはそのつげ櫛を椿油に漬け込んでいるからだと思います。

つげ櫛は正直お高いですが、買って損するどころか、アウトバストリートメントを買わなくてもよくなったので長い目で見た時にコストダウンになりました。なので私は「つげ櫛」を使うことをお勧めします。私のつげ櫛使用についての記事もあるので良かったら参考になさってくださいね。

髪の地肌をすっきりさせる

夏場だけ使っているアイテムがありました。それはミルボンの「QCスキャルプシャワー」です。ひょっとしたら美容院でこれを使ってもらったことある方もいるんじゃないかなあ?

ミルボンQCスキャルプシャワー

髪に押し付けて使うのですが、冷たくてとても気持ちイイです。うだった頭皮が冷やされてすっきりします。たぶんこれも美しい髪を維持するお手伝いをしてくれていると思うので、良かったら詳細記事もあるのでご覧下さい。

美髪キープのまとめ

というわけで、私が気にしている、守っているルールを並べておきます。

丁寧なブラッシングが出来ないなら最初からしない
自分の髪質にあったシャンプーとトリートメントを使う
ドライヤーで乾かす前に徹底的にタオルドライ
ドライヤー使用時間は5分以内にとどめる(砂時計を使うのおすすめ)
つげ櫛を使う
頭皮を健やかに保つ

これらを守っておけば、それなりに美しい髪を維持出来ると思います。

最後にひとこと

特にこだわりがあったつもりはなかったのですが、こうして書き出しているとかなりこだわってますね(笑)でも早く髪を乾かす、髪を刺激しない、というのは美髪維持のコツなんだろうと思います。あとこれは個人的な意見ですが、日本人の美しい艶のある黒髪は貴重ですから染めない方がいいと思います。オリエンタルビューティというか、地毛が一番美しさを際立たせてくれると思うので。

ここまでお読み下さり、ありがとうございました。