中国製、韓国製を買わないために日常の買い物で注意するべき買い物リストはこちら

中国製や韓国製を買わないために日常の買い物で注意するべき買い物リスト

チャイナフリー コリアフリー 特集・まとめ
スポンサーリンク

日本製、日本産を選んで買っているものの、実は「日本製」でないことや、製造国は日本でも、原材料が「韓国産」「中国産」だった、ということがあります。そこで「日本製」「日本産」だと思い込みがちな「そうではない」商品のリストを公開します。日常のお買い物の際に思い出して参考にして下さい。今後、この記事にはそういう商品を見つけ次第追加していきます。「日本製」「日本産」の違いはこちら

NEW!高島屋のオンラインストアで最長で7年間にわたり、韓国製の化粧品がフランス製と表記されて売られていました。詳しくは個別記事をどうぞ。

2019/6/14 化粧品・美容品、ヘアケアに追記

  1. ページ分割について(2018/8/29 追記)
    1. 2019/6/14 追記
  2. いつのまにか変わっている生産地
  3. 日本製と日本産の違い
  4. 優良誤認させる表記に注意
  5. 衛生用品
    1. ベビーパウダー
    2. 滅菌ガーゼ
    3. 絆創膏
    4. 綿棒
    5. 赤ちゃん用コットン
    6. ティッシュペーパー
    7. トイレットペーパー
    8. 殺菌石けん
    9. ナプキン
    10. おりものシート/パンティライナー/失禁パッド
    11. ハンドクリーム
    12. ボディクリーム(2018/12/13追記)
    13. リップクリーム
    14. 入浴剤
    15. カミソリ
      1. 女性用
      2. 男性用
      3. シェービングムース
    16. 虫除けシール
    17. 虫除けリング
    18. マスク
    19. 熱さまシート
    20. 歯磨き粉・歯ブラシ・歯間ブラシ
    21. 眼帯
  6. 台所用品
    1. アルミホイル
    2. ラップ
    3. 使い捨て手袋
    4. 食品保存袋
    5. 食器洗い洗剤
    6. ジップロックコンテナ
    7. 洗えるペーパータオル
    8. フライパンなどの鍋
  7. アロマ・消臭剤・芳香剤
    1. 消臭芳香剤
    2. アロマキャンドル
    3. お香
  8. 洗濯洗剤・掃除用洗剤
    1. 洗濯洗剤
    2. トイレの泡スプレー
  9. 美容品・化粧品
    1. 外資系化粧品(2019/6/14 追記)
    2. カラーコンタクトレンズ
    3. シリコンパフ
    4. 二重シール
    5. アイシャドウ
    6. つけまつげ
    7. マスカラ
    8. 美容マスクシート
    9. 2wayタイプのリップ
  10. ヘアケア美容商品
    1. シャンプー
    2. トリートメント
    3. ヘアケア美容液
  11. 食品
    1. 豆腐・絹揚・厚揚げ・油揚げなどの大豆食品
    2. 納豆
    3. 海苔
    4. わかめ
    5. めかぶ
    6. ひじき
    7. 塩昆布
    8. 加工された魚
    9. えごま油(2019/4/7 追記)
    10. 梅干し
    11. パプリカ
    12. シリアル
    13. そば
    14. しらたき
    15. いちご(2019/1/9 追記)
    16. 唐辛子
    17. ふりかけ
    18. ゆず果汁商品(2019/3/14 追記)
  12. お菓子
    1. 和菓子
    2. 米菓
    3. ポテトチップス
    4. ピーナッツ
    5. チョコレート菓子(2019/2/22 追記)
    6. 舶来メーカーのチョコレート菓子(2019/2/21 追記)
    7. オレオ
    8. ドライフルーツ(2019/2/22追加)
    9. バランス栄養食
  13. 飲料
    1. 粉末レモンティー
    2. ミネラルウォーター
    3. とうもろこしのお茶
    4. ゆず茶
    5. ビール(2019/3/10 追記)
    6. ウォッカ
    7. カクテル
    8. カクテルベース(2019/3/13 追記)
    9. 韓国メーカーのお酒
    10. サントリーの輸入している韓国のお酒
    11. スティックタイプのコーヒー
    12. スティックコーヒー
    13. レモンティ(2019/2/22 追加)
  14. 害虫駆除薬(2019/5/13 追記)
  15. 切り花(2019/5/5追記)
  16. お箸
  17. タバコ
    1. フィリップモリス
    2. 禁煙タバコ製品
  18. 家電
    1. スマホ
    2. 楽器
  19. 中韓以外の外国製
    1. 化粧水
    2. ろうそく
    3. シャンプー
  20. 雑貨、衣類など
    1. 眼鏡
    2. ステンレス製品
    3. 衣類
  21. 100円ショップの商品
    1. ネイル関連商品
    2. 掃除用洗剤
  22. 番外編:個人的不買対象企業(2019/3/27 追加)
  23. 最後にひとこと

ページ分割について(2018/8/29 追記)

商品を追加していくうちに非常に長いページになってしまいました。なのでページを読み込む時間が掛かるのでページを分割しました。目的があれば以下から移動してください。

2019/6/14 追記

ページを分割していたのですが、1ページの方が見やすいという意見があったので、ページ分割をやめてみます。大変長いページになりますが、ご了承ください。

いつのまにか変わっている生産地

確認すらしたことのない、日本製で間違いないだろうと思っている商品って意外とあります。衛生用品なんて特にそうじゃないでしょうか。しかしこのサイトを運営し始めて、全ての商品の生産地、生産国の確認をするようになったところ、まさかと思うような商品が「中国製」「韓国製」になっていることに気がつきました。購入しようとしている商品は必ずその都度、生産地・生産国の確認をした方が良いです。

チャイナフリーコリアフリー推奨

日本製と日本産の違い

「日本製」と「日本産」は同じ意味ではありません。文字通り「日本で製造されたもの」と日本で「産まれたもの」と解釈します。

例えば、中国などの外国製の生地を使って日本国内で製造されたマスクは「日本製」と記載されます。しかし日本国内で製造された生地を使い日本国内で製造されたマスクもあります。例えば、コーワの三次元マスクがそうで、製品パッケージには「純日本製」と記載されています。

このように材料の国と製造の国の違いが、「日本製」「日本産」の違いで、工業製品などは「日本製」で、食品類は「日本産」という具合に使い分けされています。

特に食品でこの表記方法が問題になっています。代表的なものは、トマトの缶詰です。

トマトの水煮缶は大抵イタリア産として売られていますが、イタリアでは中国産トマトを大量に輸入している現実があります。その問題について触れた「トマト缶の黒い真実」という本もあります。

この書籍を読むともうトマトの缶詰は買えません。ここでは深く掘り下げませんが、非常に深刻な問題だと感じています。売り切れが多いようですが、日本産トマトの水煮缶もあるので必要ならこれを買うと良いでしょう。

原料原産地表記は義務となりました。しかしそれでも抜け穴があり、問題は解決していません。取り上げている記事があるので、参考にして下さい。

優良誤認させる表記に注意

実際には中国産の素材も混ざっているにも関わらず、「国産○○」と大きく表示させて消費者を惑わす商品があります。素材だけではなく、社名に「日本」「ジャパン」「JAPAN」と含まれている場合も勘違いすることがあるのでご注意下さい。

2017/12/5 追記

今日、お豆腐の原産地チェックをして色んなメーカーのものを見ていたら「国産にがり使用」と大きく書かれたお豆腐がありました。しかし「国産にがり」を使っていますが、大豆の原産地は北米、他となっていました。「国産」を大きく表示して誤解させようとしている印象で感心しません。

原料原産地表示の義務化が始まり、消費者に誤解させて買わせる動きの一つだと思うので、お気をつけ下さい。

衛生用品

特に注意が必要なのは衛生用品です。

ベビーパウダー

赤ちゃんだけでなく大人も使っているベビーパウダーには中国製があります。代表的なジョンソンエンドジョンソンのベビーパウダーは中国製です。

日本製のベビーパウダーはピジョンや和光堂から出ています。

2017/3/4 追記
ベビーパウダーの中に含まれている「タルク」という成分が発がん性物質「アスベスト」の構造式と非常に似ており「危険」で、ジョンソンエンドジョンソンがアメリカで裁判を起こされて賠償命令が下っていたのです。ソースはこちら。

ベビーパウダーやファンデーションの使用で卵巣がん! 米で約80億円の損害賠償命令

2月23日、ロイター電は衝撃的なニュースを伝えました。

米ミズーリ州巡回裁判所の陪審は、22日、医薬品・日用品大手メーカー「ジョンソン・エンド・ジョンソン」(J&J)に対して7200万ドル(約80億円)の損害賠償支払い命令を出したと報じたのです。

卵巣がんを引き起こす恐れがあると指摘されている成分(タルク)の入った「ベビーパウダー」などの製品を、警告表示なしに数十年にわたって販売していことに対する損害賠償請求がミズーリ州巡回裁判所だけで約10000件も起こされたのです。

今回、7200万ドルの損害賠償支払い命令が出たのは、長年にわたって同社の「ベビーパウダー」「シャワートゥシャワー」を使用した結果、卵巣がんで死亡した女性の家族が起こしていた訴訟でした。同様の訴訟は、ミズーリ州だけではなくニュージャージー州でも200件起こされています。

また、ロイター電は、J&J社の広報担当者の「われわれは消費者の健康と安全性については十二分の責任をもっており、裁判の結果には失望している。原告の家族に対しては気の毒に思うが、化粧品用タルクの安全性は数十年におよぶ科学的証拠によって裏付けられていると確信している」との、コメントを紹介しています。

後略

ヘルスプレス:2016/3/1
http://healthpress.jp/2016/03/post-2273.html

記事は昨年のものです。でもこんなニュースをテレビで見たり聞いたりした記憶がありません。

ジョンソンエンドジョンソンは「タルクの安全性は裏付けられている」とコメントしていますが、アメリカの裁判所は日本円で80億円の賠償命令を出しています。実害が全くないと言い切れないからでしょう。

気になるのは日本国内での報道が極めて少なかったことです。本当に記憶にありません。でも化粧品にはタルクが入っているし、実際に私の持っている化粧品にも入ってましたから、化粧品業界がひっくり返る話です。

ただ、慌てたり、騒いだりするのは待ってください。というのも、タルクは既に治療薬としても使われていたのです。ソースはこちら。

日本人の悪性胸水に対するタルクの胸膜癒着術は有効

前略

目的:
悪性胸水は、胸腔ドレナージのあとQOLを維持するための胸膜癒着術によって治療される。タルクは現在世界的に悪性胸水治療のための標準的な胸膜癒着剤であるが、日本ではまだ承認されていない。その代わりに、多くの患者は胸膜癒着剤としてOK-432(ピシバニール®)が投与されており、これは高熱、胸痛、アナフィラキシーショック、間質性肺炎、急性腎不全といった合併リスクがある。日本人の患者において悪性胸水に対するタルクの効果と安全性を評価した。

方法:
2007年5月から2012年4月までの間、20歳以上のコントロール不良悪性胸水の患者を登録した。
胸腔鏡下タルク噴霧による胸膜癒着術(Poudrage法)あるいは胸腔ドレーンからのタルクによる胸膜癒着術をおこなった。滅菌タルク(Steritalc®; Novatech;La Ciotat, France)は4g用いた。
結果:
57人の患者が登録された。39人が女性で、年齢は68.1±10.5歳(range, 43 to 92)だった。
胸部画像所見によって判定した成功率は、癒着術後30日で90.6%、90日で80.9%、180日で76.1%だった。タルクによる胸膜癒着術後の合併症は発熱10.5%、胸痛14.0%だった。重篤な有害事象は報告されなかった。

結論:
日本人における悪性胸水のマネジメントにおけるタルクの胸膜癒着術は効果的で安全である。

日本人の悪性胸水に対するタルクの胸膜癒着術は有効 | 呼吸器内科医
 聖マリアンナ医科大学からの報告です。基本的に外国で承認されていても日本での医薬品の認可はなかなかおりないことが多く、日本におけるタルクによる胸膜癒着術の...

これを読むと一概に「タルクは危険」とも言い切れません。ただ「タルク」を医療薬として使用場合と吸入するとでは明らかに違う気がします。

「アスベスト」は吸入すると「肺がん」や「中皮腫」を引き起こす危険な「発がん性物質」です。なので構造式の似ている「タルク」を吸うのは出来るだけ避けた方が良いと思いました。なので今後は成分をチェックして「タルク」入りを避けようと思います。

日本製でタルク不使用のベビーパウダーは和光堂のものがあります。

滅菌ガーゼ

滅菌ガーゼは中国製だらけです。

2017/5/31 追記

医薬品、衣料品に関する法律改正があったために、ネットでは医療従事者しか買えない滅菌ガーゼが増えました。

ニチバンが滅菌パッドという商品名で傷口に貼れるものを出しています。S、M、Lあります。日本製。

絆創膏

この記事を書くきっかけになったのは中国製の「バンドエイド」に気がついたからです。長年使っていたのですが残念でした。今は日本製のニチバンの絆創膏「ケアリーヴ」を選んで買っています。ちなみにバンドエイドの「キズパワーパッド」はハンガリー製です。

初めて見た商品ですが、傷が塞がったばかりの場所にはって保護するテープがありました。口コミをみると帝王切開などの手術後に張って助かったという声があり、高い評価です。

綿棒

綿棒も中国製が多いアイテムです。しかし日本製もあります。うちは「山洋」のこだわり綿棒を使っています。

赤ちゃん用コットン

2017/12/20 追加

赤ちゃんのお尻をふくために使っている方がいると思います。「PIPBABY ベビー コットン」というコットンがコットン100%で「赤ちゃんのお尻に」と売られていますが中国製でした。赤ちゃん向けでも中国製が結構たくさんあるのでご注意下さい。

白十字から出ている「清浄綿」は日本製でした。

ティッシュペーパー

安いと思って買ってみたら中国製だったってことあります。気をつけましょう。我が家はエルモアが多し。しかし鼻水をかむときは保湿ティッシュを使っています。多いのは王子製紙の「鼻セレブ」です。でも試して良かった元祖保湿ティッシュを作った河野製紙の保湿ティッシュを持ち歩き用にしています。超おすすめ。

トイレットペーパー

そうそうトイレットペーパーも中国製があります。我が家は日清紡多し。

殺菌石けん

いわゆる薬用石鹸の代名詞「ミューズ」は中国製です。我が家は台所にミヨシ石鹸の「無添加石鹸泡のハンドソープ」を置いています。

ナプキン

女性にとってなくてはならないものですが、中国製、韓国製が出回っています。お大事に直接触れるものですから必ず生産地の確認をしてからレジに持って行きましょう。

2016/12/22 追記
P&Gが韓国で製造していたナプキンに金属片の混入の恐れの報道がありました。

生理用ナプキンを自主回収=金属片混入の恐れ-P&G日本法人

プロクター・アンド・ギャンブル・ジャパン(P&G、神戸市)は21日、生理用ナプキンを自主回収すると発表した。細い繊維状の金属片が混入した恐れがあるため。購入者には商品を回収後、代替品を送付する。
対象製品は「ウィスパー 超すっきりスリム ふつう~多い日 昼用 羽つき 22cm(26コ入り)」で、8月5日~9月14日に出荷された2304袋。11月13日に顧客から問い合わせがあり発覚した。調査したところ、製造する韓国の工場で、機材の設定ミスにより金属片が混入した可能性があるという。
問い合わせ先はP&Gグループお客様相談室(0120)777438。(2016/12/21-19:06)
時事通信:2016/12/21 19:06

http://www.jiji.com/jc/article?k=2016122100768&g=eco

おりものシート/パンティライナー/失禁パッド

おりものシートも中韓製があります。個人的に体調の変化、病気の可能性に気がつくために「無香料」がおすすめ。

2017/12/20 追記
何気なく失禁対策用の商品をチェックしていたら、中国製の尿漏れパッドがありました。「ナチュレ」という商品で「made in china」とパッケージに。

ハンドクリーム

ハンドクリームには中国製と韓国製が出回っています。有名どころのジョンソンアンドジョンソンのハンドクリームも中国製があります。

「ノルウェーの漁師の手を守る」と言ってCMしていた「ニュートロジーナ」のハンドクリームは韓国製が出回っています。気をつけましょう。しかし「ニュートロジーナ」自体は韓国メーカーではないため、商品によってはフランス製もあります。どうしても使いたい方は「フランス製」を探して使うとようでしょう。

現在私は、オルビスのハンドクリームを使っています。ムーミンが可愛かったからwベタベタしない感触なので気に入っています。

ちなみにムーミンの前はマンダムの「うるサラハンドクリーム」を使っていました。かなりしっとり潤うのにベタベタしないとても良いハンドクリームだったのに廃盤になってしまったのです(涙)復活してくれないかと切に願ってやみません。もう買いだめもないし。いい商品だったのに本当にがっかり。

2018/1/25 追記

現在は「ユースキンhanaハンドクリーム ゆず」や「ゆずの香りワセリン」を使っています。持ち歩き用にユースキン、自宅でゆずの香りを楽しむのは「ゆずワセリン」と使い分けています。

ボディクリーム(2018/12/13追記)

ニュートロジーナブランドの「ボディエマルジョン」とアルガンオイル入りの「インテンスリペアオイル」は韓国製です。乾燥がきになる人は南アフリカ製ですが「バイオイル」を試してみてください。傷跡も薄れる優秀なオイルです。

リップクリーム

ロートのメンソレータムは中国製のリップが多い傾向です。買う前に確認を。私はオルビスやDHCのリップクリームを使っています。個別記事があるので良ければ参考に。

就寝前に塗っているのはオルビスのモイストリップエッセンス。お気に入りです。

入浴剤

我が家はバスクリン株式会社の「きき湯」のクレイ重曹炭酸湯を使っています。もちろん商品には「Made in Japan」の記載があります。

入浴剤には生産地の記載のないメーカーがあります。私が見つけたのはアース製薬の「バスロマン」で、ネットで調べたところ、中国製と日本製のものが混在していました。

ネットで確認出来たのは「アース製薬 バスロマン 薬用ミルク仕立て つめかえ とれたてミルク」です。「原産国:中国」と記載されていました。そのうち原産国も変わるかもしれませんが、都度確認を。

カミソリ

カミソリも中国製あり。

女性用

「Schick(シック)」は中国製でした。フェザーが日本製を出しています。

ジェルがあるタイプのカミソリ、Schick(シック)の「シック ハイドロシルク トリムスタイルホルダー」は「【原産国】替刃:アメリカ、ホルダー・シェービング剤・トリマー:中国」と記載がありました。

男性用

日本製ならフェザー。

シェービングムース

髭剃りで一緒に使うシェービングムースにも中国製があります。「Schick(シック)」のシェーブガードは中国製です。でもジェルタイプのシックハイドロはタイ製、ジレットの「シェービングフォーム ピュア&センシティブ」はオーストラリア製でした。

日本製のシェービングムース。

保湿力の高いジェルタイプ。

虫除けシール

夏になって蚊が出てくるとお世話になる虫除けグッズにも韓国製のものがあります。くまのプーさんがデザインされてる「アース製薬 虫よけパッチアルファ」が韓国製でした。

赤ちゃん向けのベビーパウダーなどを作っている和光堂さんから日本製の虫よけシールが出ています。

虫除けリング

キンチョーの虫除けリングは中国製でした。桐灰化学のものが日本製です。

マスク

マスクは中国製がたくさん売られています。しかし日本製もあるのでお好きなメーカーを。私は興和のマスク愛用者です。

小林製薬の「濡れマスク」は、フィルターは日本製ですがマスク本体は中国製です。「のどぬ~る はだごこちローションマスク」も中国製です。保湿したい方はスリーエムさんから日本製のもの販売されているのでそちらをどうぞ。

2018/5/22 追記

小林製薬の「のどぬ〜る」マスクは、マスクもフィルターも日本製のものが販売されるようになっています。ただまだ中国製フィルターのものもあるので、購入時のチェックを怠らないようにして下さい。

2017/12/20 追記
原田産業の「メガネ美人の贅沢マスク」「子供の贅沢マスク」「大人の贅沢マスク プレミアム」などがありますが、中国製です。

日焼け止めとして販売され始めたマスクも中国製があります。白元アースの本気で焼きたくない人の「be-style UVカットマスク」、フィッティの「フィッティ UVカットマスク」も中国製です。

熱さまシート

2017/10/1 追記

発売当初はよく買っていましたが、最近は熱も出さないので買っていませんでした。が、生産国チェックをしてみると「中国製」がありました。しかし全てではありませんので、購入する度に確認しましょう。

私が確認したところ、ライオンの「冷えピタ ベビー用」が中国製です(2018/12/13現在)小林製薬やピジョンの赤ちゃん向け「熱さまシート」は日本製でした。

歯磨き粉・歯ブラシ・歯間ブラシ

中国製の歯磨き粉に有害物質が含まれており、かつて回収騒ぎがありました。

しかし現在も中国製の「使い捨て歯ブラシ」は流通しているのでご注意下さい。そして歯間ブラシですが、サンスターの「GUM デンタルフロスY字」や小林製薬の「糸ようじ(Y字タイプとF型タイプ)」、ライオンの「クリニカアドバンテージ デンタルフロス Y字タイプ」には中国製が混在しています。

私の愛用しているデンタルグッズを紹介しています。

眼帯

2017/11/8 追加

滅多に使う事は無いのですが、眼帯にも中国製のものがあります。私の見つけたものは紐の付いていない「貼る眼帯」で中国製でした。

台所用品

口に入れるものを作る道具等もやはり中国製や韓国製は避けたい物の一つです。

アルミホイル

中国製だと気付いた理由は破れやすさと梅干しを焼いた時にあっけなく穴があいたからです。厚さの違いでしょうか?日本製ではそんなことはなかったのですが。

ラップ

サランラップ、クレラップ等が鉄板アイテムです。

普通のラップは皆さんの地元のお店で探してもらうとして、ちょっと面白い商品がありました。サランラップに書けるペンだそうです。お子様へのメッセージを書いたり、おにぎりの具材を書くのによさそうです。

使い捨て手袋

作ったお菓子を小分けにする時やハンバーグを捏ねる時に活躍してくれる使い捨ての手袋は日本製が安心です。

食品保存袋

湯煎も出来るポリエチレン袋で日本製がありました。

食器洗い洗剤

食洗機用洗剤「フィニッシュ」はポーランド産のものと韓国産のものがあります。気になる方は購入前に必ず生産国の確認をしましょう。ただし、ポーランド製のものでも韓国の研究所でチェックした云々の記載があり、私は嫌になってしまいました。フィニッシュは韓国との関係性が深いのですね。

目に見えない汚れも99.9%除菌

フィニッシュなら、目に見えない汚れも99.9%除菌*。

(*韓国分析技術研究所で、大腸菌・サルモネラ菌の培養液にフィニッシュの水溶液1.5g/Lを入れて20分間放置した結果。(全ての菌を除菌するわけではありません。)

amazon商品ページより

というわけで、代わりに日本製の粉タイプを紹介しておきます。

ジップロックコンテナ

ジップロックの箱タイプ「ジップロックコンテナ」は韓国製です。日本製の食品保存容器は100円ショップにもあるので探してみてください。

100円ショップ「キャンドゥ」で買った蓋と一体型タッパーがご飯にぴったりで気に入っています。

洗えるペーパータオル

スコッティの洗えるペーパータオルの製造国は「韓国」でした。

フライパンなどの鍋

韓国製のセラフィットなどのフライパンが「傷がつかない」などと優良誤認させる「景品表示法」違反を起こしたのは記憶にあると思います。

「傷付かない」はずなのに…フライパン強度で不当表示 販売元に再発防止命令 消費者庁

「傷が付かない、コーティングが剥がれない」とフライパンの強度を実際より高く宣伝したのは、景品表示法違反(優良誤認)に当たるとして、消費者庁は1日、通販会社オークローンマーケティング(名古屋市)に再発防止を求める措置命令を出した。

消費者庁と公正取引委員会によると、フライパンの商品名は「セラフィット」。同社は平成26年5月~27年11月、ダイヤモンドの次に硬いセラミックを表面に加工したとテレビの通販番組などで宣伝していた。約76万セットを販売し、約127億円を売り上げた。

通販番組では、フライパンの表面をコインでこすったり、くぎを炒めたりする映像を流し、「耐摩耗テスト50万回クリア」とうたっていた。

消費者庁が第三者機関に依頼した調査では、金属製のフライ返しを使うと5千回程度で傷が付くことが確認された。同社の耐摩耗テストはナイロン製のフライ返しを使用していた。

同社は「お客さまにおわびする。広告表現のチェック体制に不備があったので強化する」としている。

産經新聞:2016.9.1 21:49更新

「傷付かない」はずなのに…フライパン強度で不当表示 販売元に再発防止命令 消費者庁
「傷が付かない、コーティングが剥がれない」とフライパンの強度を実際より高く宣伝したのは、景品表示法違反(優良誤認)に当たるとして、消費者庁は1日、通販会社オーク…

セラフィットに限らず、フライパンは韓国製、中国製が多く流通しています。

アロマ・消臭剤・芳香剤

2018/1/20 追記

お部屋で使うものには、必需品ではないがあると癒されるものなども多くあります。しかしそういった商品、製品の中にも韓国製、中国製のものが多くあります。

消臭芳香剤

眠る前やダイエット目的、虫の忌避剤としてアロマを楽しんでいる方は、生産国をチェックしましょう。中国製のものが多くあります。

それともう一つ。トイレなどに置いて使う芳香剤にも中国製があります。私が店頭で見つけた中国製の芳香剤は、P&Gの「ファブリーズ 芳香剤お部屋用」や「ファブリーズ 芳香剤トイレ用」です。気になったのでネットでも調べたところ、「ファブリーズ 消臭芳香剤 お部屋用 置き型」「車用」も中国製でした。

アロマキャンドル

いわゆる火をつけて使うアロマキャンドルにも中国製が多くあります。日本の会社が作っているものなら管理はしっかりしているのでしょうから、有害物質が出ることはないと思いますが、少しでも不安を感じるなら避けましょう。

お香

線香のように火をつけて香りを楽しむのがお香ですが、それも中国製があります。こちらも不安を感じるなら生産国の確認を。

洗濯洗剤・掃除用洗剤

国内で頻繁に流通している日用品である洗濯洗剤も日本製ではないものがありますのでご注意下さい。

洗濯洗剤

まずは我が家にあったごくたまに買うP&Gの「アリエール」をチェックしてみました。するとどこにも生産地の記載がありませんでした。なのでAmazonで生産国を見たところ、「日本/中国」との表示がありました。

結局我が家にあるアリエールの生産地はどこなのかと思ったのでP&Gのお客様相談室に電話してみると「生産国の記載がないものは日本産」という回答をいただきました。

大抵「日本製」「日本産」ではない場合は「生産地の記載をしない」パターンが多いのですが、P&Gは違っていました。とは言え、オペレーターさんは「外国製の場合は記載しています」ということなので、安心のために生産国をチェックした上で購入した方が良さそうです。

ちなみに我が家は「ファーファ」使用です。

肌の痒みがあるならUEKIを試すとよいかも。

2017/4/5 追記
「サフロン」というメーカーの洗濯洗剤、柔軟剤は韓国製です。

オキシクリーン(2019/1/9 追記)

酵素系の洗剤でお洗濯をする人も多いでしょう。その代表格といえば「オキシクリーン」です。しかしこの「オキシクリーン」はアメリカ製と中国製がありました。

私は使ったことがないのでその違いはネット上だけで知ったにすぎませんが、アメリカ製は「界面活性剤」が含まれており、中国製には「界面活性剤」が入っていません。

界面活性剤は皮膚荒れを起こすこともある強い洗浄成分なので、気になる人は日本製の別の酵素系洗剤が良いでしょう。しかし界面活性剤が入っているアメリカ製はそれだけよく落ちるはずです。自分がどういう商品を使いたいか考えた上で選ぶと良いですね。

アメリカ製のオキシクリーン

日本製だとシャボン玉石けんの酵素系漂白剤なども良さそうです。

トイレの泡スプレー

2018/1/20 追加

トイレの泡タイプの洗剤、アイリスオーヤマの「モコモコ泡スプレー」は韓国製です。同じような泡タイプの洗剤はエステーやDCMダイキからも出ており、それらは日本製です。(DCMダイキ公式のページに生産国記載がなかったので調べたらケンコーコムさんの表記に「日本」とありました。)

美容品・化粧品

韓国コスメ、中国製コスメは避けるのが当然と思っていたものの、やはり注意喚起として取り上げておく事にしました。

外資系化粧品(2019/6/14 追記)

高島屋オンラインストアでシャネルやディオール、グッチなどの外資系化粧品の製造国が、本当は韓国製なのにフランス製と最長で7年に渡って誤表記で売られていており、消費者庁から「景品表示法」違反として再発防止の措置命令が出ました。

シャネルやディオール、グッチだけでなく、ランコムのファンデーションなども韓国製があります。まだ知らない人がいるようなので追加しておきます。

カラーコンタクトレンズ

いつも行く薬局で発見して驚いたのですが、ワンデータイプなどの「カラーコンタクトレンズ」が今までよりも気軽に買えるようになっていました。ただし私が売り場で見た物はすべて「韓国製」でした。中には商品パッケージの横に小さく「made in Korea」をあり、気付かれにくくしているものもありました。

しかもまだ出たばかりと思われる「度付きカラーコンタクトレンズ」がありました。そのうちテレビで大々的にCMを流し始める気がします。有名どころのタレントを使った商品でしたから。

それにしても「コンタクトレンズ」は医療器具なのに、こんな安易な扱いをするのは理解に苦しみます。だいたい韓国製のコンタクトレンズを使うなんて正気の沙汰とは思えません。それくらいトラブルが多いのです。詳細は以前取り上げた記事をどうぞ。

基本的にどんなコンタクトレンズを使おうと個人の自由ですが、永遠に見えなくなるなんて恐ろしいことが起こってからでは取り返しがつきません。なので使うのは止めて下さいと強く訴えます。

ところで私は長年メニコンのコンタクトレンズを使用していましたが、使用頻度が激減したのでメルスプランを退会しました。最近眼鏡が多い方はコンタクトのコストの見直し推奨します。

シリコンパフ

見た瞬間「これは中国製でしょ」とぴーんと来ました。そして案の定全て中国製でした。というのも安いシリコン製品はまず「中国製」で間違いないからです。

二重シール

二重にするリキッドやシールなどが多く発売されています。私は二重なのでお世話になることは無いのですが、今日何気なく手に取ったら「韓国製」とありました。しかし「韓国製」は一つだけで他は全て日本製でした。

アイシャドウ

他の記事でもとりあげていますが、シュウウエムラのアイシャドウは「韓国製」が混在するようになりました。気がついてからは購入していません。

つけまつげ

数回使った事があるのですが、上手に使いこなせなくて今は使わない「つけまつげ」ですが、韓国製のものや中国製のもの、つけまつげは中国製でノリは韓国製など「なにそれ罰ゲーム」みたいなものも売られています。

まぶたに直接塗る、貼るものですから、目がただれたり湿疹が出たら大変です。購入の際にはどうぞお気をつけ下さい。

マスカラ

昔は日本製だった記憶があるのですが、メイベリンのマスカラは中国製になっています。

ちなみに私の愛用しているマスカラはエテュセの「マスカラ下地 ラッシュバージョンアップ」と「セパレートマスカラ」です。どちらも日本製で、とても気に入っています。

特に下地マスカラは黒いのでそのまま使えて、自然な仕上がりで素敵です。写真付きの個別記事もあるので参考に。

こちらはコーム型のブラシで塗りやすいのでがっつりメイクの時に使用しています。

私の愛用している化粧品を公開しています。

美容マスクシート

2017/10/1 追記

美容マスクシートは韓国製が一杯でした。韓国は口蹄疫や鳥インフルエンザで死んだ動物の遺体を養生せずにそのまま土に埋めるので、水の汚染があります。化粧品全般おすすめしませんので、避けて下さい。マスクシートは日本製も多くありますので、探しましょう。

2wayタイプのリップ

2017/11/8 追加

チークにも使えるリップが売られていました。パッケージ表に「Bourgeons JAPAN」とあり、日本製だと思ったのですが、裏を見ると「made in KOREA」でした。ブールジェオンの全てが韓国製かどうかの確認はできていませんが、社名に「JAPAN」と含まれていても「韓国製」であることもある、ということを覚えておいて下さい。

ヘアケア美容商品

髪に塗るオイルやシャンプーなどにも中国製がありました。これはちょっと驚きです。

シャンプー

ロレアルの「ELSEVE(エルセーブ)」というヘアケアシリーズがありますが、中国製です。嫌な方は避けて下さい。

シャンプージプシー中なので色々試しています。優しい洗浄力でいいと思ったのはルベルでした。でも現在のダントツ候補は薬局でも買えるスティーブンノルのボリュームコントロールです。

トリートメント

当然ロレアルのトリートメントも中国製です。

ヘアケア美容液

ロレアルが中国製です。

個人的に勧めたいのはミルボンのアウトバストリートメントです。髪質に合わせたものを使ってみて下さい。

食品

大抵は国産○○使用などと書いてあるため、中国製やら韓国製などを買う事は無いと思います。しかし今日、戦慄した食品がありました。それはお豆腐です。私の主食と言ってもいいくらいの食品の材料が中国産大豆が含まれているものを見つけたのです。こうなると食品の細かな原材料もしっかり見なくてはなりません。皆さんもお気をつけ下さいね。

豆腐・絹揚・厚揚げ・油揚げなどの大豆食品

食品の項目は作る必要はないと思っていたのですが、中国産大豆を使用したお豆腐が流通しています。しかし原材料表示に「アメリカ産、カナダ産、中国産」などと小さくあるだけで、老眼発症している人やお年寄りには気付き難いでしょう。目が悪くない私でさえ、豆腐は国産大豆と思い込んでいるので今日まで気付きませんでした。というわけで、原材料に注目して下さいね。

納豆

国産のものばかりと思っていたのですが、納豆も中国産の大豆が使われているものが出回っています。食する習慣のある方はどうぞお気をつけ下さい。

海苔

刻み海苔のノロウイルス食中毒が起こったので気をつけている方も多いと思いますが、念のために。注意食品として記載しておきます。購入する際には必ず「原材料」の記載をチェックしましょう。

わかめ

鳴門わかめの偽装問題で存在が明らかになっていましたが、わかめも中国、韓国産があります。偽装について取り上げた記事があるので良かったらお読み下さい。

特にサラダなどに混ぜられているものは韓国産が多い印象です。なのでサラダでわかめが入っている場合は注意しておきましょう。

めかぶ

先日スーパーで小分けパックになっているめかぶを手にしたら「韓国産」でした。国産と書かれていないものはほぼそうだと思って間違いないでしょう。お気をつけ下さい。

ひじき

和のお惣菜としてよく食卓に上るひじきにも韓国産があります。購入する時には原産国をチェックしましょう。しかし「韓国産ひじき」を「対馬産ひじき」と混ぜて販売していた不届きものの企業もありました。混ぜられた場合には防御できません。しかしそういう企業がいたという記憶だけはしっかり覚えておきましょう。

ソースはこちら。

有限会社マルヒラにおける水産加工品(干ひじき)の不適正表示に対する措置について

九州農政局は、有限会社マルヒラが、干ひじきについて、韓国産等のひじきを混合し、又は使用して製造していたにもかかわらず、原料原産地名を「長崎県対馬産」等と表示し、販売していたこと等を確認しました。
このため、本日、有限会社マルヒラに対し、JAS法に基づき、表示の是正とあわせて、原因の究明・分析の徹底、再発防止対策の実施等について指示を行いました。

九州農政局:平成25年12月26日

http://www.maff.go.jp/kyusyu/press/hyoji/131226.html

塩昆布

私はお茶漬けの具材は塩昆布が一番好きなのですが、先日フジっ子で減塩タイプのしそが入った「塩昆布」があったので飛びつきました。が、原材料名を見ると昆布は国産でしたが、紫蘇は中国産でした。気になる方は避けて下さい。

加工された魚

例えば「さわらの西京焼」などの加工されたものを買う場合には原産国をチェックしましょう。見てみると「韓国産」という記載があるものが多い印象です。先日、半額シールにつられて手に取ったら「韓国産さわら」で、びっくりしてパッケージを戻しました。お気をつけください。

えごま油(2019/4/7 追記)

健康に良い油はテレビ等のメディアで取り上げられるとすぐにブームになります。でもそう言うときこそ要注意です。韓国産のものを沢山売りつけようと言う裏の狙いがあると、私は思っていますし、実際「えごま油」はそうだと感じました。

「えごま油」は「認知症に良い」「生活習慣病の予防に」と言った効能で注目を浴び、私も「おっ」と思ったのですが、店頭で見つけて手に取って生産国を見て愕然。韓国産だったのです。国産のものもありましたが、滅多にない上、安価なえごま油は韓国産や中国産のようです。商品ラベルに「原料原産地:中国、最終加工地:日本」という記載になって売られているものもありますから、ご注意ください。安いものはまず中国、韓国産です。

追記

鹿北製油が「国産」表記をしているにもかかわらず、中国産えごまと混ぜて製造したえごま油を売っていました。詳細は個別記事へ。

鹿北製油が産地偽装|国産表示のゴマ油、なたね油、えごま油に外国産使用
国産と表記しながら、エチオピア・ボリビア・トルコ産ごまも使ったごま油、オーストラリア産なたねも使った油、中国産えごまも使ったえごま油を販売していました。

梅干し

梅酒作りや梅干し作りが始まる今の時期、ふと売り場で安い梅干しを手に取ってみたらなんと中国産でした。我が家では自家製の梅干しなので買う事はないのですが、ご注意下さい。

パプリカ

当たり前過ぎて書くのを忘れていたのですが、「パプリカ」は韓国産が多いのでご注意ください。サラダセットに入っているものはほぼ100%の確立でそう思って間違いないと思います。なのでパックサラダを買う時には「パプリカ」の入っていないものを選ぶのが良いと思います。

お正月になると「くりきんとん」を作るので買うことのある「栗」は韓国産と中国産が流通しています。普段からお菓子作りをなさっている方は要注意ですね。

シリアル

数日前に驚愕した噂なのですが「韓国産シリアルをアジア全域に輸出する」などというものがありましたので調べました。するとソース発見。

「味にうるさく流行リードする韓国で開発したシリアルを輸出すれば人気に」

「シリアルの3つの要素である、栄養、味、手軽さのうち、韓国の消費者は特に味を重視します。そのため韓国で開発した製品を他の国にも輸出して人気を集めています」。

世界1位のシリアル会社ケロッグでアジア太平洋地域代表を務めるアミット・バンティ氏(48)は「韓国の消費者は好みにうるさく、流行をリードするためアジア地域での韓流人気と合わさりとても注目する市場だ」と話した。先月25日にソウルのケロッグ・コリア本社で行われた中央日報との単独インタビューでのことだ。

――韓国の製品は海外で人気があるか。

「韓国で開発した網目型チョコレート味シリアルの『チョコチェック』は中国で特に人気がある。9月までに京畿道安城(キョンギド・アンソン)の工場で作った534トンを中国に輸出した。東南アジアや日本でもよく売れている。昨年末にオーストラリアに輸出を始めた『グルテンフリー玄米フレーク』はグルテンの蛋白質成分をうまく消化できない現地の人たちに『最も革新的なシリアル』に選ばれた。シリアルではないがピンク色の筒型パッケージ入った甘い味のポテトチップ『プリングルス・バターキャラメル』 は観光客の口コミにより現地で関心が高まり先月から台湾に輸出している」

後略

中央日報:2016年11月14日13時05分

「味にうるさく流行リードする韓国で開発したシリアルを輸出すれば人気に」 | Joongang Ilbo | 中央日報
「シリアルの3つの要素である、栄養、味、手軽さのうち、韓国の消費者は特に味を重視します。そのため韓国で開発した製品を他の国にも輸出して人気を集めています」。世界1位のシリアル会社ケロッ..

このソースから読み取れるのは、既に韓国産シリアルが流通しているかもしれないことです。時々ですがケロッグのシリアルを食べていた私はすぐに自分が食べていた「ケロッグ玄米フレークきなこ黒糖」を調べました。が、原産国名は日本とありました。きなこやら玄米だったから日本で作られてたのかしら?何にしても良かった。

しかし流通しているものには原産国名の記載がないこともあります。それにがっかりなのですが、ケロッグの公式サイトには原産国名記載がありません。これはケロッグさん、記載する方向で動いてほしい。というわけで、シリアル購入の際には生産国にご注意下さい。

そば

これは「アフラトキシン」について調べていて見つけた中国産蕎麦の蕎麦が流通しており、さらにその蕎麦から「アフラトキシン」が検出されていたという情報を見つけました。ソースは厚生労働省のページです。

輸入食品に対する検査命令の実施について(中国産そば)

以下の輸入食品については、本日から食品衛生法第26条第3項の検査命令を実施することとしましたので、お知らせします。

対象食品等
中国産そば
アフラトキシン*
検疫所におけるモニタリング検査の結果、中国産そばからアフラトキシンを検出したことから、検査命令を実施するものである。
なお、アフラトキシンを検出した食品は、全量について廃棄又は積み戻し等の指示を行ったところである。
*発がん性を有するカビ毒(アスペルギルス属等の真菌により産生される)の一種
中国産そばの違反事例
品名:そば
届出数量及び重量:799袋、19,809.10kg
検査結果:アフラトキシン 陽性 (B1として11ppb検出
基準:付着してはならない)
届出先:神戸検疫所
違反確定日:平成17年10月21日
措置状況:全量保管中
厚生労働省:輸入食品に対する検査命令の実施について(中国産そば)

まさか蕎麦まで中国産があると思ってなかったので恐怖です。お気をつけ下さい。

しらたき

2017/10/1 追加

こんにゃくの材料は群馬県のこんにゃく芋が殆どですが、中国産も出回っています。私が見つけたのは「糸縛りしらたき」です。糸こんにゃくではまだ見つけていません。これから鍋の美味しい季節になりますからご注意下さい。

いちご(2019/1/9 追記)

年明け早々にイオンで韓国産いちごが売られていることに不愉快な思いをしました。韓国で作られているいちごは、日本から盗んだいちごをベースに作られた泥棒いちごです。この経緯を知っている私は絶対に韓国産いちごは食べたくありません。

詳しくは当該記事をどうぞ。苦労して作ったいちごの苗を奪われた西田氏の無念を知ってもらいたいです。

唐辛子

唐辛子にも中国産、韓国産があります。しかし日本産は明らかに高価なので、外食産業では当然使われているでしょう。しかし避けたい人は、日本産の唐辛子も売っているので選びましょう。

ふりかけ

ご飯にふりかけを掛けて食べている人はその生産国にも注意が必要です。特にわかめや昆布などの海産物が入っているタイプのふりかけには、韓国産が使われていることがあります。

ゆず果汁商品(2019/3/14 追記)

韓国産のゆず果汁が輸出されていることを知りました。

ゆず果汁が使われているものが無いか探したところ、ありました。

チョーコーのゆずドレッシングで使われているものは、韓国産ユズ果汁です。キャプテンのカクテルベース、ユズ味は、韓国産ユズ果汁、マンゴー味は中国産のリンゴ果汁が使われています。

ゆずと言えば、身近な調味料のポン酢に使われています。国産ゆず、あるいは高知県ゆずなどとはっきり明記されていないポン酢は確認してから購入した方が良いですね。

他にドレッシングやカクテルベースなどにも使われていることもあるので、気になる人はラベルチェックをしてから買いましょう。

お菓子

お菓子の材料も輸入のじゃがいもやお米を使っていることがあります。

和菓子

2017/12/5 追記
美味しそうな柏餅が並んでいたので手に取ってみたら、米粉の原産地がアメリカのものがありました。きっと中国産米の米粉のものもあるでしょう(現物確認できてないので憶測です)

気になる方は、和菓子を購入する際には、大豆や米粉などの原産地を確認しましょう。

米菓

私は三幸製菓の「ぱりんこ」が大好きで当サイトでも紹介したことがあるのですが、一時中国産米で作られていました。でも途端にまずくなり買わなくなりました。でも国産米で復活してくれて元の味に戻って喜んだものです。が、またしても国産オンリーではなく、他の国のお米が混ざっています(2017/6/10現在)

お米が材料のお菓子は国産米で作ってくれたらいいのにと思うのですが、先述したように中国米が入ったおせんべいもあるのでご注意下さい。

ポテトチップス

私は「国産じゃがいも」とはっきり記載されているコイケヤのポテトチップスしか食べません。大手のカルビーのポテトチップスは中国産じゃがいもを使っている物が出回り始め、「国産じゃがいも」の記載も無いので買いません。

2017/11/8 追記
国産じゃがいも表記のカルビーのポテチがありました。カルビーも国産でないとダメだという意識が強まったようで嬉しい限りです。今後は美味しそうなもので国産じゃがいもであれば買ってみようと思います。

国産じゃがいも、国産米油、化学調味料不使用のポテチが美味しかったです。

ノースカラーズは取り扱い店舗が限られているので、コイケヤプライドポテトの「うま味調味料・香料無添加うす塩」はどうでしょう。

ピーナッツ

中国産のピーナッツは避けるのが当たり前だと思って記載していなかったのですが、本日(2017/7/21)発ガン性物質である猛毒「アフラトキシン」が検出されたものが回収されたニュースがあったので、記載しておく必要性を感じたので追加しておきます。ニュース詳細記事もあるので良かったらお読み下さい。

ピーナッツは色んなお菓子に入っています。柿ピーやおかきにも。どうぞご注意くださいね。

チョコレート菓子(2019/2/22 追記)

2018/2/19 追記

チョコレートのお菓子にも韓国製があるとツイッター経由でれいたん様という優しい方が教えて下さいました。なので、リストに追加できました。れいたん様、改めてありがとうございました。というか、チョコレート菓子は想像以上に韓国産や中国産があって驚きです。

ではまず、教えてもらった「月の小石チョコレート」というチョコレート菓子が韓国産でした。私は見たことも食べたこともないのですが、ご注意下さい。

他に「マーケットオー」という韓国にあるというレストランの「リアルブラウニー」というお菓子も韓国産です。

2019/2/22 追記

やおきんというメーカーが出している「餅チョコ」が韓国産でした。

舶来メーカーのチョコレート菓子(2019/2/21 追記)

いわゆる「m&m’s(エムアンドエムズ)」や「HERSHEY’S(ハーシーズ)」などの舶来のチョコは、殆どアメリカ産やオーストラリア産でしたが、いつのまにか「中国産」が混在するようになっています。

私が見たことのある中国産のチョコは、エムアンドエムズの「ピーナッツチョコ」など全部、ハーシーズのは「キスチョコ」「スニッカーズ」「ミルキーウェイ」です。

ただ先述したように「混在」している状況です。いわゆる輸入品ショップに行くと「アメリカ原産」のものがあるので、探して買うとよいでしょう。

2019/2/21 追記

贈答品としてや自分へのご褒美として好まれている傾向の強いベルギーのチョコレート会社「ゴディバ」の「ゴディバジャパン」が韓国系投資会社に売られることになりました。ソースはこちら。

ゴディバ日本事業、ファンドに売却=約1100億円で

ベルギーの高級チョコレートメーカー、ゴディバは20日、日本事業などをアジア系投資ファンドのMBKパートナーズに売却すると発表した。金額は公表されていないが、同時に売却される他地域の事業も含め、約10億ドル(約1100億円)とみられる。
ゴディバは、日本のほか、韓国、オーストラリア、ニュージーランドでの小売り・流通事業などをMBKに譲渡する。世界的な成長戦略見直しの一環で、今年半ばに完了する見込み。(2019/02/20-22:51)

時事通信社

ゴディバ日本事業、ファンドに売却=約1100億円で:時事ドットコム
ベルギーの高級チョコレートメーカー、ゴディバは20日、日本事業などをアジア系投資ファンドのMBKパートナーズに売却すると発表した。金額は公表されていないが、同時に売却される他地域の事業も含め、約10億ドル(約1100億円)とみられる。 ゴディバは、日本のほか、韓国、オーストラリア、ニュージーランドでの小売り・流通事業な...

MBKパートナーズは、韓国系の投資会社です。

米カーライル・グループ出身者6名によって設立された、東京、ソウル、香港、上海を拠点に活動する独立系プライベートエクイティファンド。社名のMBKは、創設者のひとりで代表者であるMichael ByungJu Kim氏の名前からとられている。

MBKパートナーズ株式会社企業情報|金融転職・コンサルタント転職のアンテロープ
弊社がカバーしている業界のメジャープレイヤーである「MBKパートナーズ株式会社」の企業情報をご紹介いたします。金融転職、コンサルタント転職はアンテロープへ。プロフェッショナルの中途採用に強い、業界特化型の転職エージェントです。

製造工場が今後どうなるかはまだ不明ですが、韓国が管理するという流れです。気になる人は今後の購入を考えた方が良いでしょう。私はもう買わない。

オレオ

ヤマザキナビスコが長年売り続けていましたが、ライセンスの消失に伴い、現在はナビスコが中国の北京工場で作るようになっています。嫌な人は代替品として、ヤマザキナビスコの「ノアール」を選ぶと良いでしょう。ただしオレオのファンの人には嬉しい選択肢ですが、似すぎてるのでパクリだと訴えられないか心配です。

ドライフルーツ(2019/2/22追加)

小袋に入ったドライフルーツも手軽なおやつとして人気があります。しかしその中には韓国産のものもあります。

「自然の甘さだけ」という言葉が非常に魅力的なのですが、原産国に「大韓民国」とあったのは「テクセルジャパン」という会社の「未来果実 ミライフルーツ」です。味は「みかん」「いちご」「りんご」「パイナップル」「バナナ」があります。

「テクセルジャパン」という名前なのにと気になったので会社概要を調べました。すると代表取締役の名前が「KYUNGHYUN LEE」でした。韓国系です。何故「ジャパン」を会社名に入れるのか。不愉快です

バランス栄養食

大塚製薬のカロリーメイトのまがい物みたいなものが韓国産でありました。商品名は「ヘテパシフィック カロリーバランス」でチョコ味、メープル味、チーズ味があります。安いと思って即買わないようにご注意下さい。

飲料

飲んだ飲み物が中国、韓国産だと判るのはかなりのダメージです。。

粉末レモンティー

2017/12/20 追加

中国産大豆のお豆腐が一番驚くものだと思ってましたが、まさか粉末の紅茶に韓国産があるとは思っていませんでした。リプトンの「さわやかレモンティー」粉末の原産国は韓国です。名糖産業のレモンティーは原産国日本です。

ミネラルウォーター

韓国産のミネラルウォーターは大抵ハングルで記載されているので、このページをチェックされるような方々はまず大丈夫だと思いますが、「英語表記」になっているものもありますのでご注意下さい。

間違えそうな商品名の韓国産ミネラルウォーターがあったので、注意情報として記載しておきます。それは韓国産の「白山水」というミネラルウォーターです。調べてみると今はハングル記載なのですが、もしも「白山水」と記載されてしまったら、日本産の「白山の水(石川県産)」「白山命水(鳥取県産)」と間違うかもしれません。要注意です。

そもそも「韓国産ミネラルウォーター」は有害なヒ素の比率が高いことや大腸菌などの検出で回収騒ぎがあったような代物です。しかもざっと調べてみたところ、韓国内で流通していた回収対象であったミネラルウォーターは9割回収できていないそうで、今もそのまま市場に出回っているようです。

そういう汚染ミネラルウォーターが敢えて日本へ輸出されている可能性もあるので、要警戒対象商品です。

韓国では病死した動物の遺体をそのまま埋めるので水汚染の被害が深刻です。韓国の水を使って作られたお酒などもってのほかです。どうぞ皆さん警戒してください。

とうもろこしのお茶

2018/2/19 追加

アイリスオーヤマが販売している「とうもろこしのひげ茶」は韓国産です。ご注意下さい。

ゆず茶

2018/2/19 追加

私は飲んだことありません。そもそも「茶葉」の入っていないものを何故「ゆず茶」と呼ぶのかとずっと疑問に思っていました。それに市場に出回り始めた頃手に取った時「韓国産」とあり、また妙なものを流行にするつもりかと思っていたのです。

しかし「ゆず茶」を茶葉の入ったお茶と思っている人も居ますし、日本由来と思っている方もいるようなので、リストに追加しておきます。

「ゆず茶」を飲んだことがあって、好きな方は、日本産のゆず茶を飲むと良いでしょう。

ビール(2019/3/10 追記)

初めて気に入ったビールはアサヒのスーパドライでした。しかしそのうちにキリンの一番搾りを愛飲。しかし一時期味が変わったため、中止。その間、サッポロビールの麦とホップへ。麦とホップはとても気に入っており、今も飲んでいます。って麦とホップって第三のビールでしたっけ?

前置きは良いとして、先日母が間違って購入しそうになったのが韓国産ビールでした。まさか韓国産のビールが流通しているとは思っていませんでした。主に韓国産ビールはイオン系列店舗で流通しているようです。そしてそのパッケージデザインに注意してください。日本のメーカーのデザインと似せています

2019/3/10 追記

アサヒビールが製造しているノンアルコールビールやビールで、韓国製の食物繊維を使用したものが登場しています。詳しくはこちらの記事をどうぞ。現在判る商品は、「アサヒドライゼロ」「ドライゼロスパーク」「ドライゼロフリー」、そして不確定ですが、アサヒスーパードライの「瞬冷辛口」の原材料は5%の外国産麦芽を使用しています(国名不明)

2019/3/15 追記

食事の脂肪や糖分の吸収を抑える機能性表示食品のノンアルコール清涼飲料「アサヒスタイルバランス」にも、韓国製の食物繊維(難消化性デキストリン)が使用されるようになっています。

アサヒビールが韓国製原材料でノンアルコールのアサヒドライゼロ、ドライゼロスパーク
アサヒビールが韓国製食物繊維を使ったノンアルコールビールを販売し始めています。韓国製、韓国産を避けたい人は注意しましょう。

ウォッカ

ウォッカは色んなメーカーから出ていますが、店頭でよく見かけるスミノフウォッカやギルビーウォッカがなんと韓国産でした。レビューを見ると悪酔いするという意見が多いので、気になる人は避けましょう。

というわけでスミノフウォッカを飲みたい方はせめてイギリス産のスミノフウォッカにしましょう。キリンのスミノフウォッカにはレッドやブルーなどがありますがそれらは韓国産で、ブラックは「イギリス」と記載されていました。

日本産のウォッカもありました。知らなかった。お米で作った珍しいウォッカです。口コミを見ると美味し過ぎて飲み過ぎた殿方が救急車のお世話になったというものがありました。美味しくても飲み過ぎないようにw

カクテル

日本で主に流通しているスミノフウォッカが韓国産ならば、気軽に飲める炭酸割りになっているカクテルももしやと店頭でチェックしたら、案の定韓国産ばかりでした。商品名は「スミノフアイス」です。

ちなみに私が唯一瓶に入っているカクテルで時々飲んでいるのは、バカルディのモヒートです。理由は海外ドラマ「バーンノーティス」でサムちゃんがやたらめったら飲んでいたため、試しに飲んだら爽やかな飲み口でお風呂上がりにいい感じで気に入ったからです。もちろん、一番のお気に入りのキリン「本絞り」なんですけどね。

お風呂上がりには275mlという飲み切りサイズのモヒートもこれまたうまいのです。というわけで、バカルディのモヒートはスペイン産の本体を買って自分で炭酸割りにするか、瓶入りの炭酸モヒートを楽しむと良いでしょう。

2018/2/19 追記

スミノフが韓国産のモヒートを販売しています。バカルディのモヒートをどうぞ。炭酸で割ればモヒートになります。オレンジで割っても美味しいとか。

カクテルベース(2019/3/13 追記)

韓国産のユズ果汁が輸出されていることを知ったので、その行方を調べていたら、カクテルベースとして流通していました。キャプテンのユズは、韓国産ユズ果汁、オレンジ味は、柑橘混合液液がブラジル、韓国と記載、マンゴー味は中国産リンゴ果汁が使われています。

自宅でカクテルを作りたい人は、ラベルの原材料情報を確認しましょう。ちなみにキャプテンのカクテルベースでも国産のももが使われている白桃味や沖縄産のシークァーサーが使われたものもあります。都度確認するのが大切ですね。

韓国メーカーのお酒

敢えてリストに追加せずとも大丈夫だと思っていましたが、知らない人も居るそうなので追加します。

JINRO(ジンロ)は韓国のメーカーで、韓国のお酒です。

サントリーの輸入している韓国のお酒

反日でも日本のメーカーであるサントリーでは韓国産のお酒を販売しています。有名なのは韓国の焼酎「ふんわり鏡月」です。

このお酒を販売しはじめた頃、サントリーは商品ページに東海(日本海」と記述した地図を掲載して炎上していました。苦情が殺到しても中々訂正せず、非を認めない姿勢に批判が多く集まっていました。

現在もなお続く、日本と韓国の「日本海呼称問題」。これは韓国と北朝鮮が国際的に「日本海」と呼ばれている海域の呼称を「東海」と変更するように求めている呼称問題だ。

最近は8月に地図上で「日本海」と単独表記する旨のアメリカ政府の意見書がIHOの実務者会合に提出されることが報じられたが、日本企業であるサントリーが韓国焼酎『鏡月グリーン』の製品紹介ページで、「東海(日本海)」と表記していることがネット上で物議を醸している。

「鏡月」というその名前は韓国/東海(日本海)に隣接した湖「鏡浦湖」(キョンポホ)のほとりにある古い楼閣「鏡浦台」(キョンポデ)で、恋人と酒を酌み交わしながら、そこから見える5つの月を愛でた詩に由来しています。

後略

ロケットニュース:2011/8/9 ページは削除されました
サントリーが韓国焼酎『鏡月グリーン』ページで東海(日本海)と表記しネット上で物議

https://rocketnews24.com/2011/08/19/123146/

サントリーは「ソウルマッコリ」も販売しています。

前々から他社の新製品に似たパッケージや名前で追随する商品が多い印象(キリンの本絞りの後にコク絞りとか)のサントリーは、私は好きではありません。だからサントリーの商品は不買しています。

スティックタイプのコーヒー

韓国産ミルクを輸入して混ぜて日本産として売っているスティックコーヒーがありました。

韓国のコーヒークリーマー「プリマ」、日本へ本格輸出

東西(ドンソ)食品が韓国の代表的なコーヒークリーマー「プリマ」を日本へ本格的に輸出する。

東西食品は初年に3000トン、今後8年間に3万6500トン、金額で1億2500ドル分の「プリマ」を日本代表コーヒー専門会社AGFに輸出する計画だ。

東西食品のアン・ギョンホ広報室長は「東西食品のプリマは米食品医薬品局(FDA)の承認はもちろん、韓国の植物性クリーマーでは唯一、食薬庁のHACCP指定を受けた優秀な製品」とし「食品に関する基準が厳しい日本市場への輸出を通して、海外市場での新たな飛躍の機会をつかみ、今後、世界で認められる代表ブランドに成長していきたい」と明らかにした。

「プリマ」は1974年に東西食品が韓国で初めて開発した、ヤシ油で作った純植物性コーヒークリーマー。 「プリマ」は1982年から輸出を開始、現在、ロシア・香港・台湾・シンガポールなど世界24カ国に輸出されている。

中央日報:2011年12月29日14時57分

韓国のコーヒークリーマー「プリマ」、日本へ本格輸出 | Joongang Ilbo | 中央日報
東西(ドンソ)食品が韓国の代表的なコーヒークリーマー「プリマ」を日本へ本格的に輸出する。東西食品は初年に3000トン、今後8年間に3万6500トン、金額で1億2500ドル分の「プリマ」を日本代表コーヒー専門会社AGFに輸..

「AGF」と言えば「ブレンディ」シリーズですが、このスティックタイプでミルク入りは購入非推奨とします。理由は混ぜられているミルクは恐らく韓国産と思われるからです。普段から良く飲まれている方はご注意下さい。

さて、念のためにAGFのサイトに行ってみたのですがこの件については一切触れられていませんでした。ただ一つあったのはよくある質問です。引用します。

Q.パッケージに「国産」と表示がありますが、原材料は「国産」なのですか?
A.原材料が「国産」か「外国産」かを表したものではありません。
製造した場所を明確にするために、日本国内で製造した商品に「国産」と表示しています。「外国」で製造した場合は、輸入品になりますので必ず、その「原産国」の表示がされます。

お客様相談室|AGF®

一般的な回答ですね。でもこれ「韓国産ミルク」についての質問があいついで行われるようになったせいで記載されるようになったのではというのは邪推でしょうか。というか、国産材料と明記しないと「避けるしかない」のでしっかり記載して欲しいものです。

ただし現在、加工品の原産地表示義務はありません。ですがこういう事が起こっているため、昨年から話題になった「加工品の原産地表示義務問題」がクローズアップされているわけです。しかし完全解決できる問題ではありません。詳しい事をしりたい方はこの件について取り上げた記事があるので良かったらお読み下さい。

でもインスタントコーヒーが便利だし、楽なんだよ〜という方も多いと思います。そう言う方はコーヒー豆の出身地の判るインスタントとクリープにするのが良いと思います。何故クリープを推奨するかと言いますと「日本で唯一の乳成分だけで作られたクリーマー」だからです。

ちなみにネスレのブライトの成分は「原材料:コーンシロップ、植物油脂、砂糖、カゼイン(乳由来)、PH調整剤、乳化剤、酸化ケイ素、香料、クチナシ色素 」で、乳成分が入っていません。

いわゆる液体タイプのフレッシュでも同じように「乳成分」が入っておらず、植物油脂の物が多いので、気にする方は一度成分表をチェックしてくださいね。というか個人的に使用しない方が良いと思います。どうしても使いたい方は牛乳か生クリームをどうぞ。

っていうか、そもそも冷蔵庫に入れなくてもいい乳製品なんてありえない。「油の入ったミルクみたいな加工品」だから常温で保存ができるのです。それに気付くとコーヒーフレッシュの危険性について判っていただけると思います。

スティックコーヒー

2018/2/19 追加

私はハリオのドリップケトルで毎朝コーヒーをブラックで飲んでいるのでスティックコーヒーを買うことはないのですが、スティックコーヒーにも韓国産がありました。

確認できた韓国産のスティックコーヒーは、KEY COFFEE(キーコーヒー)の「キーコーヒー カプチーノ贅沢仕立て」「キーコーヒー カフェ・オ・レ 贅沢仕立て」です。

レモンティ(2019/2/22 追加)

リプトンの粉末ミルクティが韓国産で驚いていたのですが、パックになっているレモンティにも韓国産がありました。

KEY COFFEEの「フルーティーパレット ミックスフルーツティー」が韓国産です。

害虫駆除薬(2019/5/13 追記)

我が家は長年キンチョーの「コンバット」を使っていました。パッケージを触るのも嫌で買うのは母。なので指摘されて初めて気がついたのですが、韓国製でした。

昨年から友人おすすめのアース「ブラックキャップ」を使用中。現在一度もあいつと遭遇していません。「コンバット」では年に一度は遭遇していたので、その効果に感動しております。

切り花(2019/5/5追記)

韓国産の白い菊「白馬」という品種が日本へ通年輸出されるという報道を見つけたことをきっかけに、日本への切り花の輸入状況を見たら、韓国からはユリやバラ、キク、中国からカーネーションやキクが輸入されていることを知りました。詳しいことは個別記事をどうぞ。

知るきっかけになったのは日持ちするので葬儀関係者などが特に注目しているという韓国産の「白馬」という白い菊ですが、私はそれを自分の棺の中に入れて欲しくないと強く思いました・・・。

お箸

エジソンが販売している正しいお箸の持ち方を覚えるためのお箸が韓国製です。子供向けから大人も使えるタイプがあります。

お箸の正しい持ち方を訓練したい人は、日本製のものがあるコンビなどが良いでしょう。ただし、エジソンは韓国製ですが、比較的評判が良く、使うか使わないか、これは判断をお任せします。

タバコ

月に一度は韓国製品がまぎれていないかの情報収集をしているのですが、自分が吸わないために気付けなかったのが「タバコ」でした。何故気がついたかと言いますと、韓国からの輸入品情報を農林水産省で調べていてその資料を見つけたからです。それがこちら。

韓国から日本への輸出

引用した資料はこちらです。

http://www.maff.go.jp/j/kokusai/kokusei/kaigai_nogyo/k_gaikyo/attach/pdf/kor-1.pdf

まさかタバコで・・・と思いました。でも考えてみれば色んな銘柄がありますからあって当然なのかもしれません。というわけで、韓国産タバコにはご用心ください。ざっと調べてソースの出てきたものだけを記載しておきます。でも他にもあるかもしれませんから、お手持ちのタバコを一度チェックなさると良いと思います。

フィリップモリス

私でも聞いた事のある銘柄です。ソースとなったニュースはこちら。どうやらドイツから韓国産に切り替えたようです。

韓国産たばこの輸出急増、日本などからラブコール=韓国ネット「スマホでも車でもなく、たばこが韓国の未来を背負う?」「喫煙者は味を知っている」

前略

韓国国内に自社工場を持つ韓国フィリップモリス社は30日、同社の今年(14年7月〜15年6月)のたばこ輸出が初めて1億ドル(約120億円)を超え、前年の2倍近くに達したと発表した。輸出急増の要因は、ドイツからたばこを輸入していた日本が輸入先を韓国に移したことだという。

後略

韓国産たばこの輸出急増、日本などからラブコール=韓国ネット「スマホでも車でもなく、たばこが韓国の未来を背負う?」「喫煙者は味を知っている」
30日、世界のたばこ市場で韓国産たばこが注目を集め、輸出量が急増しているとの報道に、韓国のネットユーザーがさまざまなコメントを寄せている。写真はたばこ。

禁煙タバコ製品

せっかくタバコを止めようとしているのにその商品が韓国産というのはいただけない。というわけで、調べてみたらありました。「Feel Time」や「PGO」というハーブタバコです。パッケージにハングルが書かれていたり、「made in korea」と記載がありました。

家電

火が出ない、電力を使わないものであれば「火事」の可能性が低いのでマシなのですが、なるべく避けた方が良いと思います。

スマホ

爆発するサムスンのスマホは絶対に止めた方が良いと思いますが、爆発するかなんて買う前には判らないのが現実です。サムスンのスマホの危険性と韓国アプリ「LINE」の危険性は敢えて言及しません。

しかし最近は中国製格安スマホが個人情報を抜いており、取り扱いを中止されていました。ソースはこちら。

米Amazonが米BLU製格安スマホを販売停止、ユーザー情報を中国へ送信

米Amazon.comが2017年7月31日(米国時間)までに、米BLU Products製のAndroidスマートフォンの販売を停止した。BLU製スマホが採用するファームウエアがユーザーの個人情報を中国のサーバーに無断で送信していたことが分かったため。BLU製スマホは日本でもソフトバンク コマース&サービスが販売している。

BLU製スマホが採用する中国Shanghai Adups Technology(以下Adups)製のファームウエアには、ユーザーが入力したテキストメッセージの全文やアドレス帳の内容、電話履歴、電話番号、IMSI(International Mobile Subscriber Identity)やIMEI(International Mobile Equipment Identity)といった個体識別情報を中国のサーバーに無断で送信するという問題があった。

このようなプライバシー問題がBLU製スマホ「BLU R1 HD」に存在することは、米国のセキュリティベンダーであるKryptowireが2016年11月に発表していた。BLUはこの問題を取り除いたとしていたが、Kryptowireは2017年7月26日(米国時間)に米ラスベガスで開催された「Black Hat 2017」の講演で、BLU製スマホには依然として同種の問題が残っていることを指摘した(発表内容)。これを米メディアの「CNET」などが報道したことから問題が再燃し、Amazonは7月31日までにBLU製スマホの販売を停止した(写真)。

後略

米Amazonが米BLU製格安スマホを販売停止、ユーザー情報を中国へ送信
 米Amazon.comが2017年7月31日(米国時間)までに、米BLU Products製のAndroidスマートフォンの販売を停止した。BLU製スマホが採用するファームウエアがユーザーの個人情報を中国のサーバーに無断で送信していたことが分かったため。

楽器

たまたまギターを弾く友人から聞いたのですが、ブランドが欧州や日本のものであっても、韓国で製造されているものが多いそうです。

彼曰く、韓国製造のギターが粗悪品だとは言わないがそれは廉価故のことであり、高品質なギターを求めるなら日本製が良いだろうとのことです。

中韓以外の外国製

中国、韓国以外の国で作られているものも当然あります。それらの国に関しては反日ではない限り特に気にしないのですが、肌に直接塗るようなものに関しては気になる方がいるかもしれません。というか母がショックを受けたものがあったので今後リスト化していきます。

2017/7/7 追加

化粧水

母は何十年と資生堂のドルックスという化粧品のシリーズを使ってきました。が、先日その生産地が日本からベトナムに変わっている事に気がついてショックを受けていました。

基礎化粧品の生産地を変えるとは思っていませんでした。気になる方は別のメーカーを探す必要があります。母は今使っているものが無くなったら日本製の別のものを探すそうです。

ろうそく

ろうそくはカメヤマ。そして日本製しかないと思っていましたが先日買おうとしたときに生産地がマレーシアという記載があるものがありました。どうやらろうそくのサイズ、種類によっては外国製のものがあるようです。今のところ中国、韓国製は見た事はありません。気になる方は生産国もしっかりチェックしておきましょう。

シャンプー

P&Gから販売されているリンスが回収騒ぎを起こしていました。ソースをどうぞ。

P&G リンス1万4000個余を自主回

大手生活用品メーカーの「P&G」は、ヘアケア製品のリンスで一部の成分の配合量が規格から外れていたことがわかったとして、1万4000個余りの製品を自主回収すると発表しました。

自主回収するのは、P&Gが、ことし4月24日から先月21日にかけて出荷した「パンテーン エクストラダメージケア トリートメントコンディショナー」の一部の製品です。

発表によりますと、これらの製品は、工場での製造工程で不具合が見つかり、一部の成分の配合量が規格から外れているか、全く配合されていないものがあるということです。

今のところ、健康上の被害の報告は受けていないということですが、P&Gでは品質基準を満たさない製品だとして自主的に回収することを決めました。

対象となるのは、ボトルの底に記載されている製造ロット番号が、「70894811E5」もしくは、「70894811E6」とされている製品で、1万4000個余りに上るということです。

P&Gでは、「このたびの件を厳粛に受け止め、製品の回収を速やかに進め、今後の再発防止に向け万全の対策を講じます」とコメントしています。

NHK NEWS WEB:7月6日 16時31分

http://www3.nhk.or.jp/news/html/20170706/k10011046481000.html

この件を知って生産地を調べてみるとパンテーンは主にタイで生産されているとわかりました。ソースはwikiです。

パンテーン(Pantene )は、プロクター・アンド・ギャンブル(P&G)のヘアケア製品ブランドで、日本を始めとして200か国以上で販売されている。

日本向けの商品は兵庫県神戸市東灘区向洋町中に本社を置くP&Gジャパン研究所で企画・開発され、主にタイ国で生産されている。

パンテーン - Wikipedia

タイは反日どころか仲良くしてくれている国です。しかし日本からは離れているので管理が行き届かなかったのかな?と思いました。しかしP&G製品は以前失敗したことがあるのであまり率先して買っていません。その失敗は、食器洗い洗剤「ジョイ」の雑巾臭事件です。

2009年頃、おろしたばかりのまだ新しいスポンジがものすごく臭くなることがあったのです。その度にスポンジを廃棄しました。愛用しているキクロンスポンジを何個も捨てたので当時は非常にショックでした。

すぐに臭くなるなんて流石におかしいと思ってインターネットで「ジョイ、臭い」で検索したら同じような人が大勢いました。そしてジョイを使わなくなったら臭わなくなりました。

当時その話を友人にしたら生産国が外国になったらしいよと言っていました。あくまでも友人の発言なのでソースにはできませんが「水の違いのせいで臭いが発生したのかな?」と当時思いました。というのも洗剤の主な成分は水でしょうから、生産国が変われば当然その水の違いの影響を受けたんじゃないかなあと考えたわけです。

そういう事があって直接肌にしみ込むような製品(シャンプーや洗剤など)はやはり日本製がいいかなと思っています。もちろん他の国の製品でも検品されているでしょうからほぼ大丈夫だと思いますが、私は避けるようにしている次第です。

雑貨、衣類など

中国製、韓国製の雑貨類はたくさんあります。そして多分中国製や韓国製でもいいような類いのものもあるでしょう。しかし、中国製や韓国製でトラブルがあることはしっておくべきだと思っています。というわけで私が気にしている雑貨類をあげておきます。

眼鏡

「愛眼」や「ミキ」など昔からあるお店の眼鏡は高価ですが、日本製、舶来ものを多く扱っていました。しかし価格破壊の波がやってきて、「JINS(ジンズ)」「zoff(ゾフ)」や「眼鏡市場」などの新しいお店が台頭し、5000円から買える眼鏡の流通が始まりました。

しかしそれらの安い眼鏡の殆どは韓国製か中国製です。しかし安い眼鏡屋さんでも鯖江の眼鏡も取り扱っていますので、探してみて下さい。

2018/5/22 追記
眼鏡市場で鯖江の眼鏡を購入しました。母にプレゼントしたのですがとても喜んでくれました。オススメです。詳細は記事で。

ステンレス製品

中国製のステンレス部材を使った自転車から放射性物質が出て回収騒ぎがありました。この件を知って以来、私は100円ショップのステンレス製品すら絶対に買わなくなりました。それこそ何を混ぜられているかと思うからです。

衣類

韓国製のジーンズで発ガン性物質が見つかっています。衣類も韓国製は避けるべきでしょう。

100円ショップの商品

2018/4/15 追加

ダイソーの販売していた白髪染めに配合が禁止されている「ホルムアルデヒド」が入っており、回収されました。日本製ではなく台湾製ですが、化粧品など肌に直接付けるアイテムは出来れば使用しないことをお勧めします。

2018/2/19 追加

100円ショップには中国産や韓国産が多くあるのが当然と思っているので紹介していなかったのですが、れいたん様の口コミでこれもリストに追加した方がよいと感じたので、買ってしまう可能性があるものを記述していきます。れいたん様、ありがとうございます〜!

ネイル関連商品

ダイソーで売られている「ネイルリムーバー」「メイクブラシクリーナー」「爪磨き」が韓国産だそうです。お店に確認しにいったら「ネイルリムーバー」と「爪磨き」が韓国産だと確認できました。「メイクブラシクリーナー」は探したのですが見つけられずです。でもご注意ください。

掃除用洗剤

昨日Seria(セリア)に行ったのでついでにチェックしたら、驚くほど沢山の韓国産の掃除用洗剤がありました。

「サッとひとふきクリーナー」「アルカリ電解水」「重曹クリーナー」「」 アルコール除菌」「フローリングつや出しクリーナー」「部屋ピカ」「カビ取りクリーナー」「オレンジクリーナー(泡立ち)」「ペット匂い消し」「パイプクリーナー」「洗濯槽クリーナー」「ガラスクリーナー」これらは全て韓国産でした。輸入元はジェルコーポレーションのものです。

日本のメーカーでも売られているようなものばかりです。全て液体の製品なので韓国の水が使われています。ぶっちゃけ韓国の水は汚いので絶対に使いたくありません。ご注意ください。

番外編:個人的不買対象企業(2019/3/27 追加)

そもそも私はさほど生産地や生産国のチェックをしていませんでしたし、作っている会社のことなど考える事なく購入してしました。しかし、2002年の日韓共催ワールドカップの時に韓国という国の汚さ、腹立たしさに気がついて立派な?嫌韓になりました。

その頃、同時にテレビメディアが「韓国のごり押し」をし始めために更に大嫌いになりました。そして徐々にマスコミ、テレビメディアの偏向報道にも気がつくと同時に、そんなメディアを応援するスポンサーにも「反日企業」がいることを知りました。

よって今ではそういう「反日」企業は不買対象としています。ただしファンの方もいるでしょうから、同じように不買しろとは申し上げません。ただ私はおすすめしないということで私の不買対象企業と理由を公開しておきます。

花王
フジテレビの反日、韓国ごり押しを止めるどころか、同類だった
サントリー
元々パクり商品(キリンの本絞りをパクってコク絞り出したり)が多くて嫌いだったが、日本の領土「竹島」を「独島」と表記したので大嫌いになった。
ユニクロ
中国で反日暴動の際、自分たちは関係ないと言い放った。
ロート
反日韓国女優キム・テヒをCMに起用。消費者の抗議を無視。未来永劫不買決定。
パナソニック
日本人の血が一滴も入っていないのに日本人名を名乗っている水原希子をおろすまで買う気はない。早く変えて。
TSUTAYA
図書館行政に手を出して貴重な書籍、資料を破棄。悪質な反日行為をした。
ブックファースト
韓国批判の本を置かないなどの工作をした。
亀田製菓
韓国の「農心」と提携したので怖くて食べられない。
ロッテ
韓国系。そもそも美味しくないから買ってなかった。チョコは明治か森永。
サムスン
韓国系。買った事無いけど。
LG
韓国系。もちろん買った事無い。
LINE
韓国系。絶対に使わない。純国産SNSアプリが欲しい。
P&G
TBSの反日偏向番組「ひるおび」のスポンサー。韓国と絡めた動画を作る化粧品会社SK2の親会社でもあります。さもありなん。
paypay
中国製アプリです。情報を抜かれるだけなので絶対に使いません。
didi
中国製タクシーアプリ。日本人の移動情報は中国に送られて分析されています。
テクセルジャパン
代表取締役の名前が「KYUNGHYUN LEE」で韓国系なのに会社名に「ジャパン」を入れる図々しさが不愉快。
アイリスオーヤマ
2019年に韓国に新工場を作りました。これからは韓国製が増えるでしょう。

最後にひとこと

肌に直接触れるもの、口に入れるものに関してはどうしても「中国製」「韓国製」を避けたいと考えています。そのために企業にはきっちり生産地、生産国の記載をしてほしいと思っているのですが、未だに表示しないで売っているものやとても小さく記載されているものが沢山あります。売ったもの勝ちと思っているのかもしれませんが、大間違いです。むしろ逆効果です。

忙しい消費者はよほどでない限り、問い合わせの電話やメールなどしません。生産地、生産国を記載していなければその商品を「選ばない」「買わない」だけです。そして「中国産」「中国製」「韓国産」「韓国製」の表示を小さく見えづらく記載していた場合は「悪意」と取るだけです。商品に自信があるならどうどうと記載して売れば良いのです。実際、日本のメーカーでしっかり管理して作った商品なら恐らく安心できる商品なはずです。そう信じて買ってくれる消費者もいます。ただ、私のように「中国製」「韓国製」を信用できない人には「選ばない権利」を行使させてほしいのです。願うのはそれだけです。

スポンサーリンク
特集・まとめ
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
優をフォローする
Select Japan Closet
タイトルとURLをコピーしました